資料請求はこちら 学校見学・相談受付

KTC教育理念

KTC教育理念「ホリスティック教育」と「グローバル教育」

君へ贈る手紙  - re-birth -

今、日本では社会全体の「生きる力」が弱まり、特に、自立できる若者の育成が大きな課題になっています。
「自分で進みたい道を決め、覚悟し、願いを叶え、幸せを手に入れる」私たちはそんな人間を育てるための教育を実践しています。
 

KTCの「ホリスティック教育」とは

人と人の絆、心と身体のバランス、人間と自然の共生、生命の尊厳や神秘、時のリズムや個人のタイミング……。
「ホリスティック教育」は、あらゆる物事の「つながり」や「かかわり」を全体として意識できるよう導き、育む教育です。各キャンパスでも全人的な教育を行いますが、特に屋久島スクーリングでは世界遺産の大自然が助けになり、生徒自身が「自分は一人きりではない」という感覚を身につけていきます。日常と非日常、両方の経験を通して、生きる力を自ら獲得できるようサポートしています。
 

KTCの「グローバル教育」とは

KTC留学プログラム
国籍や人種、言葉、肌の色、文化、習慣、宗教、価値観、考え方、年齢、性別など、世界は多様な人々で成り立っています。
「グローバル教育」では、世界的な視野と、異質な物事を認める力を身につけるため、オリジナルで多様な留学プログラムを展開。カナダ・バンクーバーキャンパスでの語学学習、ホームステイや異文化交流の経験は、以前とはちがう視点で自分をみつめる機会にもなっています。また、各キャンパスの授業やトライアルレッスンでも、海外の文化について学び、グローバルな視点を得られる工夫もしています。
 

自己表現を認め、受け入れ、尊重する校風

KTCでは、誰もが気持ちよく学院生活を送るため、ルールを掲げています。

「約束を守る」
「多様性を認める」
「人に迷惑をかけない」

このルールを守ることは、進学しても、社会人になってからも、ずっと必要なことでもあります。ときには思いがけずルールを破ってしまったり、悩んでしまったりすることもあるでしょう。そんなときは、いつでも先生に話してください。一緒に考え、一緒に答えを探ることで、共に成長していく。これも、KTCが大切にしている想いのひとつです。

年に一度の感動体験 屋久島スクーリング

KTCの生徒が、年に一度参加する屋久島おおぞら高等学校での屋久島スクーリング。1週間程度、全国から集まってきた生徒たちとともに授業と共同生活を行います。多くの成長をうながす仕掛けが組まれており、KTCの心柱(しんばしら)ともいえるものです。


茂木先生
誰もが、この地球上にたくさんある命のひとつ。
──茂木健一郎
脳科学の分野で著名な茂木健一郎氏の特別授業を実施しました。
大自然の中で行われる茂木氏と生徒たちとの交流は、まさにホリスティック教育を具現化したものといえます。
もぎ・けんいちろう
1962年東京生まれ。脳科学者。東京大学理学部・法学部卒業。慶應義塾大学大学院特任教授、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所上級研究員。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとした脳と心の研究を行う。『脳と仮想』(新潮社文庫)ほか著書多数。

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する