資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > キャンパス関連ブログ > 校歌プロジェクト > 屋久島で生まれた校歌、卒業式で初披露

校歌プロジェクトブログ キャンパス関連ブログ 屋久島で生まれた校歌、卒業式で初披露

3月28日(土)に屋久島おおぞら高等学校の卒業式がありました。
今回の卒業式はおおぞら高校創立10周年でもあり、記念すべき式でした。多くの卒業生の中から、通信生の6人が屋久島まで来てくれ、遠いところからご家族の方も来てくださいました。
式は屋久島おおぞら高等学校の体育館で約2時間ほど行われました。その中で宮長校長からのお話、来賓の方からのお言葉、卒業生挨拶などが粛々と進められていました。

そしていよいよ、完成した校歌のお披露目となりました。
校歌プロジェクトはこの日のために、茂木先生、WASABIさん、生徒たちが力を合わせて作り上げたものです。

まずは茂木先生とWASABIさんたちからのメッセージ、今までの校歌を作っているメンバーの様子。
そして、生徒たちが力強く歌った校歌。
生徒たちも、来賓の方も、先生たちもみな真剣な表情で映像を見つめていました。

卒業生や来賓の方からは
「屋久島のスクーリングが詰まっている感じがしました。」
「生徒たちが一生懸命考えた、この学校の宝物だと思います。」
と様々な感想をいただくことができました。

今回、屋久島おおぞら高等学校10周年企画として作成された校歌ですが、今後も様々な行事で歌っていきたいと思います。
そして、ただ「校歌」として歌うだけではなく、校歌を通じて「屋久島おおぞら高等学校の生徒としての誇りを持ってもらいたい」と思います。自分たちは屋久島おおぞら高等学校という繋がりのある、ひとつの仲間であるということを再確認してもらいと思います。

屋久島おおぞら高等学校 卒業式
屋久島おおぞら高等学校 卒業式

校歌プロジェクトを終えて
校歌プロジェクトを終えて

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する