学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 群馬県/高崎キャンパス > キャンパスブログ > ☆+サケの稚魚放流+☆

キャンパスブログ 群馬県/高崎キャンパス ☆+サケの稚魚放流+☆

高崎キャンパスにサケがやってきた☆大きく育つかな?
高崎キャンパスにサケがやってきた☆大きく育つかな?

みなさんこんにちは☆3月に突入しましたね!
高崎キャンパスでは、3月3日(土)にサケの放流に行ってきました(*^□^)v

高崎には、「ぼくらのサケを育てる会」という団体があります。
その団体が行っている”サケの稚魚放流”
今回で25回目になります★


高崎キャンパスは今回が初参加です♪
育てたサケを、川に放流して、その川の清掃を行いました。
自分たちが育てたサケが、しっかり泳いでいけるのか、みんなで見守っていました。
なんだか、子供を送り出す親の気分を少し味わったみたいです☆

さて、みなさん”サケ”って知ってますよね?
どこで、どうやって、育つかは知ってますか?

サケは川で生まれます。
体調10cmになるころに、海へ向かいます。
海へ出て、3?4年の間、北太平洋を泳いでいます。
その後、産卵するために自分が生まれ育った川へ帰ってきます。
命がけで川を上り、最後の力を振り絞って産卵し、卵を守りながら息絶えます。

無事に、生まれ故郷の川までたどり着けるサケは、とても少ないです。
そして、卵からかえり、海へ向かうサケも、とても少ないです。

”環境汚染”というと、なんだか大きな話しのようですが、
川はどんどん、汚くなっていっています。

小さなゴミが、川を流れている。
私たち人間にとっては些細なことでも、サケにとっては大きなことです。
今では、サケが帰ってくる川は、とても少なくなってしまいました。

サケは、自分が生まれ育った場所をとても大事にしています。
自分が生まれ育った街や環境を、次の世代により良い形で受け継ぐ。。。
なんて言い方をすると、ちょっと話しが大きいですね。
私たちに出来ることから・・・なんていうのも、何をしたらいいのか悩みますよね。
だから、まずはちょっと考えてみましょう。
そしたら、少し世界が広がるかもしれません☆

大きく育って、また帰ってこいよ!!
大きく育って、また帰ってこいよ!!

放流後は、河川の清掃♪サケが帰ってきますように☆
放流後は、河川の清掃♪サケが帰ってきますように☆

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求