資料請求はこちら 学校見学・相談受付

ヘアメイクレッスンブログ キャンパス関連ブログ スタジオ撮影☆

(写真.1)スタジオの風景です
(写真.1)スタジオの風景です

(写真.2)本当にベッキィーみたいですよね
(写真.2)本当にベッキィーみたいですよね

(写真.3)付ける場所によってブラシの大きさが違います
(写真.3)付ける場所によってブラシの大きさが違います

さあ始まりますよ、今回はスタジオ撮影(写真.1)での作品作りのお話をしましょう。
今回のモデルさんは専門学校に通っているベッキーちゃん似のハーフの子です。やはり、肌色が若干ピンク系なのでコントロールカラーを足し肌色の調整をしました。それと頬にニキビ後があるので以前使ったハイビジョン用のカバー力のあるファンデーションで肌の状態を整えました。
もちろん普段僕がヘアメイクサロンでする撮影と違って、スタジオではどんな状況にも対応できるようにびっくりするぐらいのライトが用意されていて先ほど話した頬などのトラブルもライト効果で飛ばすことも可能なのです。ただ今回は夏のリゾートな感じなので、前からのライトより真上からの強い日差しのようにライトをあてるのでベースメイクでしっかりやっておかないとね!(写真.2)

さてまずは、メイクの前にヘアの話を先にしておきます。ヘアはオールヘアアイロンで根元からカールウエーブにしてフロント(前髪)とトップ (頭の上)にルーズなボリュームを作りピンでラフに留めてあります。こうするといかにもリゾート風のちょっとおしゃれな感じに(^^)
さっきの根元からのウエーブは太いアイロンより細いアイロンの方が絶対に良いので僕たちプロはどちらかというと細いアイロン使っているヘアメイクさんが多いかな。
それではいよいよメイク!今回の注目&ワンポイントはアイカラーですよ。少し前に購入してからチークにはと必ずこれ!と決まっているかのように使っているジィルのコンパクト。かわいいチークブラシまで付いています。(仕事柄自分のがありますから使っていませんけど)皆さんは絶対使ってみたらいいかも。このチークコンパクト(写真.3左)のピンクを使ってアイメイクをしたのです。「えー。。。チークはチークだけと思っていた!」人、基本的にはそうなんですが、色が奇麗だし、もし手元にカラーが少なければアイシャドウの代わりでも僕はいいかと思っています。通常のシャドウブラシで目の際からアイホールにはみ出すぐらいでなおかつしっかり100%(目の際)から100%(アイホール)になるようにのせていきます。アンダーも筆の幅分しっかりと。フラッシュで色飛びしないようにね。
もちろんチーク(写真.3右)はオレンジ側のをチョイスして頬全体にたっぷりと他は控えめにしながらも目の周りをポイントに作りました。
二つのチークコンパクト中心での作品作りでしたがいい作品になりましたよ。
ここでワンポイント!コンパクトやパレットタイプの方がたくさんカラーが入っているからお勧めです☆

それと今回挑戦してみて、もう一つ皆さんにお勧めしたいのは、メイクブラシです。出来上がり(特にアイカラーとチークカラー)のように同じコンパクトのものを大きさの違う筆をチョイスするだけで肌への乗せた感じも違うし十分シャドウの代わりも果たせました。これからはブラシにも注目してみてね!

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する