福岡県福岡キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4747
Nさんの作品

今回のブログでは、マンガイラストコースに在籍している2年次生、Nさんにインタビューをしましたので、その様子をお伝えします。Nさんは新1年次生としておおぞら高等学院に入学してくれました。入学当初は中々学校に足が向かず、悩んだ時期もありましたが、2学期頃からは学校に対して前向きにとらえることができるようになり、2年次生になった今ではほぼ毎日の登校を頑張っています! そんなNさんはおおぞら高等学院でどのような成長ができたのでしょうか。

コーチ:中学校ではどのように過ごしていましたか?
Nさん:周りの友人は自転車で通学していましたが、私は歩きだったので一人で下校するのがすごく嫌でした。「人と同じ」が嫌いな私にとっては、制服を着なければならないのもストレスでした。「連帯責任」という言葉が苦手な私にとっては、合唱コンクールやクラスマッチなどの行事も苦手だったので、中学2年生の後半から不登校になり、特別教室で過ごすことがほとんどでした。

コーチ:おおぞら高等学院を選んだ理由は何ですか?
Nさん:この学校だったら自分も通えそうと思いました。体験入学でイラストやドッグトレーナーの授業を受けましたが、コーチや先輩たちがとても優しかったことを覚えています。

コーチ:入学当初の気持ちはどうでしたか?
Nさん:入学当初は中々登校することができませんでした...。家はなんとか頑張って出るけど、通学途中で引き返すこともたくさんありました。特に学校で嫌なことがあったわけではありませんが、「周りにどう思われているか...」と気になって仕方がありませんでした。

コーチ:今は登校できるようになりましたよね! 何がきっかけでしたか?
Nさん:今は「嫌だな」と感じることがなくなりました。なぜかというと、「周りにどう思われているかな...」と気にしすぎないように意識をするようになったからです。周りの大人の話を聞いて、今までは周りに何も言われていないのに周りのことを敵視していた部分がたくさんあったのだということに気がつくことができました。マンガイラストコースも途中でやめようとしていた時期もあったけど、せっかく始めたことだから、最後まで続けることが大切だと、周りの大人から学びました。今はあの時に続けてよかったと思っていますし、卒業まで頑張りたいと思っています!

コーチ:どんな大人になりたいですか?
Nさん:人の輪に入れるようになりたいです。また、自分と似た人を出したくないと思っています。私と同じような悩みを抱えている人は、とにかく気にしすぎないでほしいです。ルールをやぶるのはもちろんだめだけど、たまには自分の好きなことに集中して、あまり思いつめないでほしいと思います!

自分をしっかり見つめ直し、どうすれば自分が過ごしやすいか、生きやすいかの工夫を見つけることができたNさん。周りの大人を頼り、自分を客観的に見ることができましたね。これからもNさんのなりたい大人に近づくことができるように、一緒に学び、成長していきたいと思います!

資料請求・学校見学・個別相談に関するお問い合わせは
福岡キャンパス
電話:092-433-0222
メール:kyushu-info@ktc-school.com

公式ツイッター始めました↓
https://twitter.com/ktcschool_fuk

■ 福岡キャンパスでは、以下の地域から生徒が通学しています
福岡市博多区、中央区、東区、南区、早良区、城南区、西区、糟屋郡粕屋町、志免町、宇美町、須恵町、久山町、新宮町、春日市、大野城市、那珂川市、筑紫野市、太宰府市、古賀市、宗像市、福津市、飯塚市、嘉麻市、佐賀県鳥栖市、三養基郡基山町、長崎県壱岐市