SDGs

SDGsの17の目標

SDGsの達成と
生徒の成長のために

KTCおおぞら高等学院では、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」の達成に向けたさまざまな活動を、日々の授業や実習に取り入れています。企業として地球の未来に貢献するとともに、生徒一人ひとりがグローバルな視点を持って、世界の一員として活躍できることを目指しています。

SDGsを知っていますか?

ガラスの地球

産業革命以降、人間の活動は急速に発展しました。しかし、この世界成長はいずれ限界を迎えることがわかっており、未来の地球のため「持続可能な開発」が提唱されました。

そんな中、2015年の国連サミットで、国際社会共通の17の目標が打ち立てられました。それが「SDGs」です。2030年までにこれらの目標を達成するためには、国やNGOといった大きな組織だけではなく、企業や私たち一人ひとりの働きかけが必要不可欠です。

KTCおおぞら高等学院では、授業や実習を中心に、SDGsに結び付くさまざま活動に取り組んでいます。

KTCおおぞらのSDGsの取り組み

SDGs勉強会

SDGsには、分野ごとに17の目標が設定されています。
KTCおおぞらでは、教育分野で社会に貢献することを軸としながら、多様な学科や授業展開により、SDGsと幅広い分野で関わりを持っています。

特に「みらいの架け橋レッスン®」や「社会の架け橋プログラム®」では、社会で活躍するあらゆる分野のプロフェッショナルを招き、生徒が社会や世界に触れる機会を積極的に生み出しています。

すべての子どもに学びの機会を

書きそんじハガキが寄付金に

教室をのぞく女の子

書きそんじハガキが寄付金に

世界には、学校に行けない子どもが約6400万人、文字の読み書きができない大人(15歳以上の成人)が約7億5000万人います。

書き間違えてしまったハガキや、未使用のままの商品券や図書券。回収すれば、それらは寄付金として生まれ変わり、子どもたちが無償で学べる機会を応援する「世界寺子屋運動」の活動に役立てられます。

自分たちにできること

はがき
回収や告知の方法はキャンパスによってさまざま。生徒たち自らが話し合って、自分たちにできることを考えます。
回収の方法はキャンパスによってさまざま。生徒たち自らが話し合い、自分たちにできることを考えます。

自分たちにできること

日本ユネスコ協会連盟の「書きそんじはがきキャンペーン」を支援し、KTCおおぞらでは書きそんじハガキをはじめ、未使用の切手、未使用の商品券やプリペイドカードを回収しています。

大切なことは、世界の問題を「ジブンゴト」ととらえ、できることを考え実践するプロセス。発展途上国に学びの場をつくるこの活動が、「このハガキがどんな人たちの役に立つのかな?」「回収量をもっと増やすには、どんな工夫ができるだろう?」と、おおぞらの生徒たちにとっての貴重な学びの場となっています。

全国のキャンパスでSDGsに取り組んでいます!

KTCおおぞら高等学院は全国にキャンパスを構えています。そしてSDGsの取り組みを、キャンパスごとに生徒やコーチが独自に考え、積極的に実践しています。学校という枠組みにとらわれず、未来の地球のために何か行動を起こせないか。そうした熱意がキャンパスごとに、さまざまな形で表れています。
ここではキャンパスが実際に行ったSDGsの活動例を、ピックアップしてお伝えします。

1. エコクッキングに挑戦!
SDGsエコクッキング
静岡キャンパス
「フードロス」に着目し、生ごみを抑え水を流さない調理法を実践しました。家から持ち寄ったあまりの食材で「エコのみ焼き」作りにチャレンジ!
2. シーグラスでアートワーク!
SDGsシーグラスでフォトフレームを作成
大宮キャンパス くれしぇんど
海のごみ、シーグラスを再利用して写真立てを作りました。「なぜ砂浜にこんなごみが?」視野を広げて、自分たちの生活と世界の結びつきを学びました。
3. エコキャップを回収!
SDGsエコキャップ回収
岡崎キャンパス
生徒たちが自ら発案し、エコキャップの回収・納品をしました。リサイクルによって生まれた寄付金は、ポリオワクチンとして世界の子どもを病気から救うために利用されます。
4. LGBTについて学びました!
立川キャンパス
トランスジェンダーの方を招き、LGBTをテーマにした授業を行いました。授業を通してLGBTが身近な存在であることを知り、今ある問題にどう向き合うべきかを掘り下げて考えました。
5. おにぎりアクション!
SDGsおにぎりアクション
福山キャンパス
世界食糧デーに実施される「おにぎりアクション」に地域の方々と参加しました。人とふれあいながらおにぎり作り、世界の食糧問題について考えました。
6. 平和記念式典でボランティア!
平和記念式典で車いす介助のボランティア
広島キャンパス
広島市の平和記念式典に参列する方々のために、車いすの介助ボランティアを行いました。被爆者の方からの貴重なお話を聞く時間もあり、学びの多い一日となりました。