広島県広島キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4343

屋久島の杉を使って、マイ箸を作るぞ!!
屋久島の杉を使って、マイ箸を作るぞ!!

やったぁ(^^)完成!箸袋付きです♪
やったぁ(^^)完成!箸袋付きです♪

切手を集めよう!一人一人の力が大きな力に・・・。
切手を集めよう!一人一人の力が大きな力に・・・。

みなさん、先日放送された24時間テレビをご覧になられましたか?
見られて「私達にできることはなんだろう?」と考えた方々も多いと思います。
広島キャンパスでは、一人一人の力が集まれば大きな力になるというスローガンの元、様々な取り組みをしています。取り組みの一つとして「マイ箸作り」があります。屋久島の杉を使ってお箸を作り、それを持ち歩くことによって、割りばしを使わないようにしよう!というもの。みなさんは一度は「マイ箸」という言葉を聞いたことがあるかと思います。この「マイ箸」という言葉が広まる前から私達広島キャンパスの保田キャンパス長はマイ箸を持っていました!講演会などを行う傍ら、想いに賛同してくれる人々とマイ箸を持ち歩くという取り組みをコツコツ行っていたのです。そんな想いに賛同した私達。今回は屋久島の先生から杉の説明を受け自分のお箸「マイ箸」を作ります。こんな機会を何度も作り、多くの生徒が「マイ箸」を使っています。私達はそれだけではなく、箸袋も手作りで作っています☆みんな思い思いの生地を選び、自分だけの箸袋を持っています。持つ楽しみが増えていますよ(^^)「マイ箸」は作るだけではなくて、持つことに意味があるもの。毎日持つことで大きな環境破壊への取り組みになることをひとりひとりに自覚してもらっています。

続いて、「エコキャップ&切手運動」。エコキャップ運動とはペットボトルのふたを800個集めるとワクチン1本に変えてもらえるというもの。世界の子ども達にワクチンを届けることができるのです!本来ならゴミになってしまうもの。ちょっとした心がけでワクチンに変わります。
切手運動とは集めた切手を買い取って頂き、目の不自由な方々の福祉に役立ててもらえます。

どの取り組みも一人で行うと、なかなか力にならないものばかり。でもたくさんの生徒の思いやりが一つになると、誰かの役に立つことができます。先生達はさっそく家から袋いっぱいのキャップを持ってきてくれる生徒達を誇りに思っています。広島キャンパスのみんな!一人一人の力を大きな力に変えていこうね\(^^)/