愛知県岡崎キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2929

記者経験者ならではのお話が盛りだくさん
記者経験者ならではのお話が盛りだくさん

6月16日(金)のドリームクラフト(キャリア教育の授業)は、朝日新聞の元記者である平子氏を講師に迎え、「新聞」に関する授業を実施しました。

現在は違う部署でお仕事をされていますが、現場で15年ほど記者として働き、実際に1面トップの記事も手掛けたという経験のある平子氏。
授業が始まるとさっそく、生徒達の目の前で取材の様子を見せて下さいました。

今回のインタビュー対象はKTCの先生!聞き取りを行い、その内容をパソコンでさらさらと原稿に起こしていきます。何気なく打ちこんでいるように見えますが、新聞の文章は「事実」とそれを補強する「データ」、「意見」「説明」などの要素を組み立てて構成されているそうです。

スマホ世代にとって新聞の紙面はちょっと新鮮?!
スマホ世代にとって新聞の紙面はちょっと新鮮?!

その後、生徒全員で新聞を見ながら「興味をもった記事を探してみよう!」という課題に取り組みました。
生徒によって興味を持つ内容は本当にさまざま。その記事を選んだ理由を隣の人と話したりしながら、新聞の読み方を学びました。

インターネットの時代だからこそ、新聞などの公的な発信源が持つ「情報の信頼度」が際立ちます。たまには家に届いた新聞を眺めてみると、ネットとは違った発見があるかもしれませんね。