東京都立川キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2020

丁寧な指導

今日はみらいの架け橋レッスン「演劇」について紹介します!

リズムに乗せて自己紹介
たった一言をいろいろな感情で表現……
想像してみるとちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

演劇のレッスンでは、みんなで笑いあったり頭を抱えたりしながら、自分の殻を破る!という大切なことを学びます。
やってみると案外できるし、人に伝わってるというのがわかるのはとても楽しいです!
また、演技って自分だけでするんじゃないんだよ☆ということで、台本を使って「会話」を意識します。
これがなかなか難しく、なんでそういう言い方をするの? どうしてそういう返し方をするの? と、普段の会話で、実はあんまり意識しないですよね。それを考えることで、初めて! 演技として、人と「会話」が成立します!
これは演技・演劇だけではなく、日常的に人となにかをするときはいろいろなことに関してキャッチボールをしているんだなあ、ということにつながります。投げられたボールをどう受け止めるのか、それとも打ち返すのか、どんなところに投げるのか……自分の返し方、相手からの返し方、考えてみると難しいですね。

レッスン風景

お互いの演技を見て、どんなことを伝えたいのかを読み取るのも重要なことです。たった一言だけど、どういう感情だったのか?どういう状況だったのか?を想像しながらみんなで当てていくと、あれ?思ったより伝わってないな……とか、ここまでやらないといけないんだな……など。苦戦していますが、一度のレッスンの中でも吸収して実践する力が身についてきています。

みんな一生懸命に楽しく、そして積極的に参加しています。
一緒に自分でも知らなかった新しい一面や、もっともっと伸ばせるところを演技を通して見つけていきましょう!