BC州バンクーバーキャンパスキャンパスブログ

長期留学について語る
長期留学について語る

6月は、KTC中央高等学院の生徒たちがバンクーバーへ、2週間の短期留学として訪れてます。
その中で長期留学に興味を持っている生徒と、長期留学中のバンクーバーキャンパス生が交流会を行いました。
 
実際に、以前この短期留学に参加し、現在バンクーバーキャンパスに留学している生徒がいます。
 
彼女は、最初の短期留学は不安でいっぱいだったけれど、実際カナダに来てみると楽しさの方がどんどん大きくなって、日本に帰った後、もっと留学してみたいと思ったらしいのです。
そして長期で留学してみると、2週間ではできなかったことが次々とでき、着実に英語が話せるようになっている実感があるそうです。
もちろん乗り越えなくてはならない壁などもあるのですが、長期だからこそ、自分の課題に向き合うことができたと言っていました。
 
他のバンクーバーキャンパス生からは、こんな話もありました。
以前は自分に自信がなく好きになれなかったのに、この留学で、自分がどんなに愛されていたのかよくわかり、保護者に対する感謝の気持ちが大きくなり、自分のことを認めて好きになることができた…と。
 
短期留学の生徒たちは、皆真剣なまなざしで先輩たちの話に聞き入っていました。
そして「自分も絶対留学したい!」という声が上がり、先輩たちも「来て来て!」と答えていました。