KTCおおぞらからのお知らせ

1/12(日)、広島市立幟町小学校のグラウンドで行われた幟町地区連合町内会・幟町地区社会福祉協議会主催「とんど祭り」で広島キャンパスの生徒11名がボランティア活動を行いました。
とんど祭りでは、正月飾りや習字などを燃やし、その火でお餅を焼き、焼けたお餅にきなこを付けたりぜんざいに入れたりして参加者に振舞われました。
生徒はやぐらの設営や餅焼き、片付けなどを手伝いました。
とんどまつりボランティア活動に参加した生徒は、「地域の人に喜んでもらえてうれしい」「煙で目が痛いし熱いし大変だったけど、楽しかった。こういった地域行事っていいなって思った」「日ごろ関わる機会の少ない方との交流ができ、PTAの方と交流を深めることができ、貴重な経験になりました」
と感想を上げていました。

■とんど祭りを支えて笑顔 中区 生徒がボランティア(2020.01.13 読売新聞)