神奈川県厚木キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2424
みなさん、こんにちは。石田です。
今回は、12/7(月)3時間目の時間に生徒が受講しました【社会の架け橋プログラム】について紹介します。

【社会の架け橋プログラム】は、~さまざまな分野で活躍する方々の"生き方"や"やりがい"をヒントに、あなたのなりたい大人像を見つけよう♪~と、月・木曜日の3時間目(不定期)の日程で開講しています。

今回のテーマは「伝統を守る」ということ ~過去、現在、そして未来へとつないでいく大人~ です。

内容:
県内の寺社仏閣の修繕をする職人を束ねる仕事とは?
日本の伝統を守る大切な仕事をするうえでの裏側や苦労・喜び。
そしてなぜ今の仕事をしているのか、今の仕事がつなぐ未来について語る。

講師プロフィール:
石川 毅 氏
宮大工で一級建築士。
大学卒業後ストレートで一級建築士の試験に合格し、実家の工務店に勤務している。栃木の世界遺産、日光の社寺の中の輪王寺修復に携わる。

実際に立体パズルを作成している様子を映した動画や形が完成しているものの画像を見させていただきました。
今まで、宮大工にふれたことのない生徒が大半の中、このような機会があったことにより、過去、現在、そして未来へとつないでいく大人のイメージが少しでもできたのではないかと思います。
また、「伝統を守る」ということについて、受講した生徒皆さんが考えるきっかけになればと思います。

今後も社会の架け橋プログラムを、お楽しみにしていてください♪

KTCおおぞら高等学院
厚木キャンパス