神奈川県厚木キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2424
スマホスタンドを持つ男子高校生二人組

みらい学科™ 住環境デザインコースの授業内で製作していたスマホスタンドが、このたび見事に完成しました☆
製作期間は約2か月。こだわりを追求していた厚木キャンパスの生徒にとっては結構タイトなスケジュールでしたが、どちらも素敵な仕上がりとなりました!

過日の授業内で、各キャンパス代表1名が作品の出来栄えを発表する「品評会」が行われました。今回厚木キャンパス代表として発表してくれたのは、2年次生のヤマモトくん。木材のカットは初めての経験だそうで、たくさんの時間をかけ、悩みながら製作していた印象でした。彼にとって、初めて自分の力で作り上げた思い入れのある作品です。それでは、品評会での様子をぜひご覧ください。

Q. こだわった部分はどこですか?
A. 紙やすりをとにかくかけたので、手触りは良くなっています。あとは、僕のスマホが重いので、安定感を持たせたくて八角形にしました。その形も、(正八角形じゃなくて)ちょっと底面を長くすることによって、その重さに耐えられるかなと思って、工夫しました。

Q. 素晴らしい工夫ですね! じゃあ逆に、難しかった部分はどこですか?
A. 断面を斜めにカットするのが難しかったです。(※木と木を、角度を付けながらスキマなく接着するために、木材の角を少し削ぐ作業です。)

Q. でもそこを頑張ったからこそ、接着がうまくできましたね! さて、今回の作品、出来栄えは星いくつですか?
A. うーん、星三つですかね。(★★★☆☆)

Q. その理由は?
A. まだ完成できていないのと、少し隙間が空いてしまったので、大満足はできていないです。あとは難しかった作業が多くて、悔しい部分があるからです。(※品評会段階ではあともう少しで完成! というところでした。今はすでに完成しています♪)

Q. その悔しさ、次に繋げていきたいですね。そしてここからは家具製作が始まります。意気込みをぜひ!
A. 今回やってて難しかった部分を先輩(※住環境デザインコースの3年次生)と一緒にうまく作れたらいいなと思います。

以上、素敵な発表でした♪
ヤマモトくんは、今回の製作期間で、木の切り方・力の入れ方・ノコギリの扱い方・図面の描き方・斜めカットのしかた... 初めての作業をたくさん経験し、覚えていきました。その中で、発想力もだんだんと豊かになっています。特に、底面の長さを自分のスマホ仕様に工夫した点については、他キャンパスのコーチからも「いいね、賢い!」とお声をいただきました!
厚木キャンパスでは、毎回、雑談を交えながら作業をしたり、相談をしたりアドバイスをしたり、和気あいあいとした雰囲気でコースの授業を受けています。なので、今回の小物製作の期間を通して、生徒の絆がさらに深まっていきました。

そして現在は、約半年間に及ぶ大がかりな「家具製作」が始まっています。チームワークの求められる作業が続きますが、厚木キャンパスは今回築いたチームの雰囲気を武器に、これからも邁進し続けます!