神奈川県厚木キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2424
高校生と講師

今回は、KTCおおぞら高等学院の授業で行っている「English Day」をご紹介します。
English Dayとは、月に一度ネイティブの講師がキャンパスに来て、英語のみの授業を行う日のことをいいます。

授業のあとには、みらいの架け橋レッスン®も行います。英語を使ったゲームは、英語が苦手な生徒でもとても楽しんでいます。

ネイティブだからこそ、英語の発音だけでなく、各国の文化や特性など幅広く、そして楽しく学ぶことができています♪ 実際に、どんなことをしているのか、みらいの架け橋レッスン®に参加をしている生徒の声を聞いてみましょう。
1年生次のゆうじ君とはやと君に話を聞きました。

Q:English Dayでは、どんなことをしていますか?
ゆうじ:楽しく英語が学べる場所!
はやと:英語でのコミュニケーション!

Q:英語は得意ですか?
ゆうじ・はやと:NO!

Q:英語は好きですか?
ゆうじ:So so...
はやと:うーん...
ゆうじ:参加のきっかけは、最初は興味本位で、あとはコーチに声をかけられたので。
はやと:少しのぞいたら、コーチに声をかけられたので参加しました。

Q:English Dayは、英語が苦手でも参加できる?
ゆうじ:参加しようと思ったら、誰でもできます! YesとNoだけでも伝わりますよ!
はやと:英語ができなくてもOK! 自分もあまり話せないけど、参加できています!

Q:最後に、English Dayを一言で表すと?
ゆうじ:「ハート」! 言葉が通じなくても「心」に伝わっていればOKだと思っています! 以心伝心です!
はやと:「真」。言葉は関係ないと感じました! 心が通じ合うことだと思います!

一つの小さな「できた」が、大きな「自信」につながります。English Dayは、英語が好きな人もそうでない人も気軽に参加でき、周りの人と楽しむことができる素敵な一日です。
次回のEnglish Dayは、2月です! お楽しみに。