兵庫県姫路キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3939
【子ども・福祉コース】認知症のお年寄りに会ったらどうする? 特別講師を招いて認知症サポーター養成講座を実施しました。

KTCおおぞら高等学院姫路キャンパスでは、2月にはりま総合福祉評価センターの河原様にお越しいただき、認知症サポーター養成講座を実施しました。
知っているようで知らない認知症。

「認知症とは何だろう?」というお話から講義がスタートし、認知症の種類や症状、認知症の方の気持ちなどもわかりやすく教えていただきました。
途中、認知症の方の脳の画像に生徒からは驚きの声も聞こえてきました!
最後には、講座のまとめとして自分たちがとるべき正しい対応を実際の映像を見ることで学ぶことができました。

受講した生徒からは...
「認知症についてよくわかっていなかったけど、今回の講座のおかげでどう接したらいいのかを学ぶことができました。とても勉強になりました!」
「認知症の症状に食べたり、触ったり、したことも忘れてしまうというのを聞いてびっくりしました。そんな身近なことまで忘れてしまうのは少し寂しいような気がします。そんな人たちの支えになれたらなと思いました。」
などといった感想が聞かれました。

現在、日本の人口の約10%が認知症という調査結果が出ています。
今すぐ自分の身に起こることではなくても、将来起こりうることを知っておくことでできることがあります。

子ども・福祉コースでは、①保育講座 ②介護講座 ③心理学講座の3種類の内容で授業を行っています。
将来、保育や介護に関する職業に興味を持っている生徒はもちろん、人の役に立ちたいという思いを持っている生徒もKTCおおぞらで一緒に学びませんか。