広島県広島キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4343

ちょっと頑張っちゃうぞー
ちょっと頑張っちゃうぞー

それでは始めますよー、用意はいいですかー?!
それでは始めますよー、用意はいいですかー?!

皆で頑張ろうねー、大丈夫だよー。
皆で頑張ろうねー、大丈夫だよー。

1月13日に広島キャンパスではスクールイベントを開催しました。

今回は広島グリーンアリーナの小アリーナにて、ソフトバレーとバスケットボールをしました。外は寒かったですが、なかなかの盛り上がりで、新しい自分探しが出来ました。
チームプレイの中で仲間を信じること、声を掛けること、応援することにより人との交わる力も育め、また皆の中に自分が入ってやってみる、はじめる勇気の発掘も出来ました。
普段は静かで本を読んでいる生徒のスポーツする姿であったり、入学当初は恥ずかしがり屋さんで、今までひと前では運動とかあまりしたことがない、体を動かすのはちょっと苦手だと話していた生徒も、皆と一緒にボールを追いかけ、声を掛け合いながら、また助け合いながら得点という1つの目標に向かって頑張る姿が見えました。
生徒に聞くと「気軽に参加出来た、実際やってみるまでは失敗したらどうしようとか考えていたけど、やってみたら楽しかった」とか「みんなの応援とか聞いたら気持ち良かった」など声も聞きました。

前回の広島キャンパス便りで紹介した山本先生(通称マザーテレサ)は生徒の普段見れない姿を見て「あ?また1つ成長したなー」と感じ、さらにイベントが終わった時の生徒の生き生きした輝いている笑顔を見て、「ホントに感激した、次回もまた早くやりたい」と生徒よりも興奮気味で言ってました。

そして、このイベントの次の日学校に一本の電話がありました。それは、さきほどの普段運動とかあまりしない生徒のお母さんからでした。聞いてみると「昨日スクールイベントでうちの子が帰ってきてから興奮気味に1日の事を話してくれたんです、普段運動とかあんまりしないのに… ほんと興奮気味に話してくれて… 私、とっても嬉しくって…」        
【お母さん…私たちも同じように嬉しかったですよ。】

さらに次の日から、KTC中央高等学院では、学年の違う生徒といつの間にか仲良くなり話をしている姿を益々見かけるようになりました。 
「いちばん大事なこと = はじめる勇気の発掘」 私達と一緒に一日1ミリ進んでいきましょう。