広島県広島キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4343

高校生のときの想い。魂込めて歌います!
高校生のときの想い。魂込めて歌います!

さすがプロ!さすが仲間!即興でキャンパス長の片腕となります。
さすがプロ!さすが仲間!即興でキャンパス長の片腕となります。

広島キャンパス、即席ライブステージへようこそ♪
広島キャンパス、即席ライブステージへようこそ♪

こんにちは。朝と夕方は特に冷え、街でコートを着ている人も多くなりましたね。風邪を引いたりインフルエンザにかかったりしないよう、うがい・手洗いをして予防しましょう。 

 さてさて、10月19日(月)にシンガーソングライターでもある保田隆キャンパス長とその仲間の公開授業が広島キャンパスで開催されました。キャンパス長の仲間は生徒にもおなじみ、トライアルレッスンでバンドを担当されている前田先生と内海先生、そしてピアノを担当されている新谷先生です。今回は保田先生の幼少?高校時代のエピソードを交えながらのトーク&ライブSHOWでした。

 楽しい・嬉しい・苦しい・しんどいなど、その想いをみなさんはどう表現していますか。友人に話す、絵を描く、音楽を聴く、料理をするなどさまざまな方法があると思います。世の中には、多くの人が存在し、物事の考え方はその人の数だけあると思います。まさに、それこそ十人十色。一人でも多くの人の意見や想いを聞くって素敵なことだと思いませんか?
 キャンパス長は、高校時代‘詩’で自分自身の心を表現していたそうです。そして、自分でメロディーをつけ、オリジナルソングを作詞・作曲していました。思い出だけではなく、「今」というモノが形として残るというのは人生の宝物になると思います。また、行動に移すことにより、感性を磨け、ひらめきが生まれたりするということをキャンパス長は、トライアルレッスンを通して生徒たちに伝えてくれました。中学生や高校生という思春期に多くのことを感じ、学ぶことで成長できるはず。正解なんてありません。そして、間違いもありません。
 あなたができる表現方法で、心のメッセージを発信してみましょう。

     ?キャンパス長の体験談?
 今までみなさんもたくさんの人と出会い、いろんな人と触れ合ってきたと思います。私は、17歳のとき人生の転機ともなった人と出会うことができました。初めて人に真剣に叱ってもらい、そして真剣に受け止めてもらいました。その人の想いが初めて自分の心に届いた瞬間でした。言葉に表すと些細なことかもしれません。ただ、私にとって自分自身の人生を見つめ直す大きなきっかけとなったのです。
 もちろん当時はその出会いが人生を変えるきっかけとは気づいていませんでしたが、あとから振り返ると人の温かさや優しさを肌身で感じる人生の糧となる経験となりました。

 みなさんは今まで、生きてきて出会ったすべての人との出会いは必然だと思いますか?
偶然だと思いますか?

 そんなことを考えることができる人生って素敵ですよね。

すべての出会いは必然だと気づくときがいつかきますよ・・・