広島県広島キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4343

2階から袋入りの豆をまきます。準備はOK!
2階から袋入りの豆をまきます。準備はOK!

こんにちは。2月になりましたね。皆さんの家では節分の豆まきはしましたか。
今回のキャンパス便りは、2月1日に幟町児童館で行われた『節分の集い』をご報告します。

児童館では地域との交流を兼ねて、普段ふれあう機会が少なくなってきている子どもたちと一緒に色々な体験をさせてもらっています。
寒空の中、児童館では小学1、2年生が約70名待ってくれていました。そこへ鬼のお面を付けたKTCの生徒が登場!
まずは児童のおやつの落花生やチョコの入った袋を児童へ豆まきのように放り投げると、児童からは
「チョコちょうだ?い。」
という声。『落花生は人気ないのかな?』と思い生徒が児童の傍に寄ると、殻を剥いた落花生を児童たちから投げられてしまいました。
「鬼は外ー!福は内ー!」
落花生を投げて来る児童にKTCの生徒は逃げ回る一方(;>_<)でも、児童たちの元気のおかげで寒さを忘れてしまうほど夢中になれた瞬間でした。

続いて箸を使って豆粒を10個隣りのお皿に移すゲームをしました。箸で炒った豆を掴むのはなかなか難しいですよね。児童が必死に豆粒を掴む姿をKTCの生徒は応援しました!チーム戦で先に10粒移動させた方が勝ちということで、応援するほうにも熱が入りました。
「そうそう、その調子!」
「よし!もう1つ!」
生徒と児童の心がひとつになりゲームを盛り上げることができました。

生徒からは
「みんな元気だしすごく楽しかった。」
「児童たちと仲良くなれたから、また行きたい。」
といった声が聞けました。こうしたふれあいが生徒の心を動かすんですね。年齢に関係なく、“出会い”って素晴らしいですね。

箸で豆粒を隣りの皿に移動させるゲーム。さぁ競争だ!
箸で豆粒を隣りの皿に移動させるゲーム。さぁ競争だ!

こうしてたくさんの児童とふれあうことが出来ました。
こうしてたくさんの児童とふれあうことが出来ました。