広島県広島キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4343

せつなく力強い2人の歌声が響き渡り、会場はまるでコンサートホールに!
せつなく力強い2人の歌声が響き渡り、会場はまるでコンサートホールに!

卒業しても続いていくよ!KTCの絆!
卒業しても続いていくよ!KTCの絆!

まだ肌寒い外の空気とは裏腹に、熱い想いに包まれる会場。
まだ肌寒い外の空気とは裏腹に、熱い想いに包まれる会場。

みなさん、こんにちは。外は日増しに暖かくなり、春の足音が聞こえて来てますね(*^_^*)
そんな中、広島キャンパスでは、3月20日(火、祝)に地域の方のご協力もいただき、幟町小学校の体育館にて後期卒業式が行われました!


たくさんの保護者、恩師の方々に見守られながら、卒業生121名一人ひとりの手に卒業証書が授与されました。その後キャンパス長より「命の尊さ」 「他人の為に生きることの大切さ」を、保護者代表様からは「子育ての大変と喜び、そして子どもへの感謝」と心に響く祝辞をいただきました。


それを受けて卒業生3名が代表として答辞を読んでくれたのですが、3名の答辞は一人ひとりの個性を認め合うKTC生らしく、それぞれの想いが詰まっていて、その気持ちの表現の仕方も三者三様でした。

一人の卒業生はこれまでの人生で自分自身が変わるきっかけとなった担任との出会いへの感謝の言葉を、一人は子育てに悩む自分の母親へメッセージを・・・とその時感極まって言葉につまるシーンがありました。会場が静寂に包まれる中、何処からとなく「がんばれー!」「負けるなー!」と励ましのエールが送られます。それは同じKTCで交わる力を育んだ仲間や、恩師からのエールでした。そのエールに背中を押され「母さんの優しさには気付いてるよ。本当にいつもありがとう!母さんの子育ては間違ってないから自身持って!」と今まで言えなかった気持ちを勇気を振り絞って述べてくれました。
そして、最後の一人は夢である音楽で自分の気持ちを表現してくれました!そこには多くの人と多くの事を共有し、共感したいという「決意」が歌とギターに込められて会場にせつなくも力強く響きました。

卒業式も無事終わり、その後今まで支えて下さった恩師の方との歓談がありましたが、耳に飛び込んできた会話の中で「型にはまっとらん、やらされじゃない、いい卒業式じゃった?」という声が聞こえてきました。その声を聞いてあらためて卒業式は卒業生だけのものではなく、支えて下さったみなさんの為のものでもあると、強く感じました。


答辞を読んだ3人だけでなく、ここに至るまでには卒業生それぞれのドラマがあり、それぞれが小さな一歩「スモールステップ」を踏みながら成長してきたことと思います。卒業してからもその歩みは続きますが「1日1ミリ」を合言葉に一歩ずつ前へ進んでいってください!進み疲れた時にはいつでも広島キャンパスに立ち寄ってね!!「○○先生おる?」って(笑)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
    毎週水・土 個別相談会実施中

   KTC中央高等学院 広島キャンパス
     お問合せ  0120-75-1105

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆