埼玉県春日部キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=5252

みなさんこんにちは。
今年は新語・流行語大賞にも、台風の影響による「命を守る行動を」、「計画運休」等がノミネートされました。世界遺産である首里城や白川郷(付近)で相次いで火災が発生するなど、災害に関するニュースが多くなっています。春日部キャンパスがある埼玉県でも、先日の台風では道路の冠水、河川の氾濫により避難を余儀なくされた方もたくさんいました。この近辺でも駅前広場が冠水してしまいましたが、他の地域と比べれば大きな被害はなく、今では日常を取り戻しています。そんな中で注目を集めているのが、「クラウドファンディング」や、「(Tポイント等の)ポイントを使った寄付」など、【新しい支援の形】です。そこで今回は社会貢献の一環として、まずは身近な一歩からということで、キャンパスや駅周辺のゴミ拾いを行いました。

ゴミ拾いをする生徒たち
被災地でのボランティアなどと比べれば些細なことかもしれませんが、【自分にできることから少しずつ始めて行こう!】と、持って行ったゴミ袋が一杯になるまで頑張った生徒たち。冠水の影響か、道路の側溝や排水溝にべったりと張り付いているゴミや、中が水でいっぱいになっている空き缶などのゴミが多く、思ったより時間がかかりました。しかし、少しでも地域の役に立つことができ、社会の一員としての意識を強めることができたと思います。

ボランティアだけではなく、どんなことでも『自発的な行動』こそが、より良い未来・幸せな進路選択につながります。【自分にできる範囲から】【まずは一歩踏み出すこと】を意識して、私たちと一緒に『なりたい大人』を目指しましょう!