埼玉県川越キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1414
みなさん、こんにちは。3月ももう終わり新年度が目の前です。川越キャンパスでは、3月21日にウェスタ川越多目的ホールにて卒業式を挙行いたしました(感染症対策をとり、ご家族の参列人数を限定させていただきました。参列できないご家族のためにオンライン配信も行いました。)。卒業生は4月からは新しいスタートを切ります。卒業式の様子まだ、高校を卒業をしていない方は「高校卒業」とはどんなものだというイメージがありますか? 「高卒がないと仕事に就けないから...」という方もいるかもしれません。それはもちろんそうですが、卒業式で卒業生の姿をみるたびに、やっぱり高卒資格を得るということはそれだけ「自分が成長をしている ⇒ 結果的に選択肢が広がる」ということだと思います。おおぞらの場合は、それぞれのなりたい大人を見つけてそのために踏み出せるようになることがおそらく成長なのでしょう。卒業生がおおぞらでの高校生活を語ってくれています「卒業生旅立ちのことば」では、2名の卒業生が代表で、自身の高校生活や次の進路先への思いなどを話してくれました。今年度卒業を迎える方の多くが、高校生活の半分以上がコロナ禍にあり、思うような高校生活が送れなかったという思いもあるでしょう。ただし、制限がある中でもなんとか工夫してやっていく中で成功体験を積み重ねたという方も多いはず。卒業生が語っていた言葉のなかに「登校ができなかった時期は、オンラインをうまく使って、キャンパスだけでなく全国のおおぞら生とつながることができた」というものがありましたが、こういう経験も成長するきっかけになります。
高校生活のなかで様々なことが学べますが、ひとりで学ぶよりも、多くの人と関わることで教科書には載っていない学びができると思います。今はインターネットで検索をすれば、「答え」は簡単に手に入ります。ただし、今の変化が激しい時代に「自分の将来」に対する答えは見つかり辛く、だからこそ、人と関わり、キャンパスだけでなく様々な場所で経験をすることが大切だと思います。おおぞらでは、一年に一度、世界自然遺産屋久島でのスクーリングに参加をしますが、楽しいだけでなくとても貴重な経験ができます。
多くの経験をして、成長した卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。そして、もっとなりたい大人に近づいていけるように、高校時代よりもさらに成長して、幸せな人生を送ってください。

新年度の川越キャンパスでは、多くの新入生を迎えます。これまで以上に、生徒がなりたい大人を見つけて、それに近づけるようにしていきたいと思っています。
これから、高校進学を控えている方、今の高校生活に不安を抱えている方は「何のために高校に行くのか?」を考えるきっかけとして、一度おおぞらに足を運んでみませんか?
<学校見学・個別相談について>
ページ下方の「学校見学・個別相談 予約」からWebでの日時ご予約が可能です。感染症対策は徹底しておりますが、来校時のマスク着用、検温、手指の消毒などにご協力ください。なお、オンラインでの個別相談も随時承っておりますのでご活用ください。