埼玉県川越キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1414
みなさん、こんにちは。4月に入りいよいよ新年度の学校生活がはじまりました。昨年度まで中学生だった方は、いよいよ高校生活の始まりです。川越キャンパスでも、今年度は昨年度よりも多くの新入生を迎えて、入学式を挙行いたしました(ウェスタ川越の多目的ホールを全面お借りして、感染症対策を徹底し実施しております)。

今年度の新入生は特におおぞらの教育理念はもとより、年1回の屋久島でのスクーリング各種専門コース(マンガイラスト、プログラミング、子ども・福祉、住環境デザイン)や多種多様な体験ができる「みらいの架け橋レッスン®」など特徴ある教育プログラムに共感し、学校生活を通して自分なりに成長をしたいと思ってくれた生徒が多い印象です。新入生代表挨拶をする生徒昨年度の中学3年生対象のオープンキャンパスでは、ことあるごとに「あなたはどんな大人になれたら幸せですか?」という投げかけをし続けてきました。そんなに簡単に答えがでない質問だと思いますが、それでいいと思います。でもそういうことを考え、イメージを持つことは将来に向けてはとても大切だと思います。今のままで高校卒業を迎えるわけではなくて、高校生活を通して、今とは違った自分=「成長した自分」になってほしいということを学校説明会や体験入学、入試のときに一人ひとりにお話をしてきました。
入学式というと「新入生代表あいさつ」のようなものがよくあると思いますが、今年度は試みとして「新入生代表あいさつをやってみたい人」を入学予定の生徒に投げかけてみました。すると、考えていた以上に「やってみたい」「興味がある」という生徒が多かったことをとても嬉しく思いました。複数名が手をあげてくれたので、新入生代表あいさつのほかに「新入生決意表明」ということで一言ずつ、自分のなりたい大人と高校生活で頑張りたいことを発表してもらいました。入学前に手をあげてくれたチャレンジ精神に敬意を表したいと思います。そして、ありがとうございました。
おおぞらでは冒頭にご紹介したように特徴ある教育プログラムでの経験や体験のほかにも、学校行事、ボランティア活動、各種検定など、少しずつでも自分の成長が実感できるプログラムがたくさんあります。すでに新学期がスタートし、不安もありながら「頑張るぞ」という気持ちが伝わってきています。

これから進路先を選ぼうとしている中学生のみなさんもぜひ、自分が生き生きとできそうな高校を選んでほしいと思います。川越キャンパスでも4月から学校説明会(感染症対策のため定員を設けています)や個別相談(土日も含めて受付可能)を行っています。今の高校選びに「早い」ということはありません。何度も学校に足を運んで、その学校のことをいろんな側面から知ってみてください。きっと、自分の成長を期待できる学校がみつかるはずですよ。

<ご来校に際してのお願い>
川越キャンパスにお越しの際は、学校説明会、個別相談ともに事前にご予約の上、ご来校の際はマスク着用、手指の消毒、検温などにご協力ください。オンラインでの個別相談も随時承っておりますのでご活用いただければと思います。各種ご予約はページ下方のボタンからオンラインで可能です。