東京都町田キャンパスキャンパスブログ

修了書を受け取る様子
修了書を受け取る様子

自分の感想をみんなに伝えている様子
自分の感想をみんなに伝えている様子

みなさんこんにちは!!
今回は留学バンクーバー第5弾~修了式~をお伝えします!


5泊7日の留学もいよいよ残りわずかになり、この日で英語レッスンは最後になります。

日本での英語の授業とは異なり、英語のみで授業が進み、絵やジェスチャーから単語を想像し自分なりの英文を作り、みんなの前で言ってみる。

日本人は世界的にもとてもシャイな人が多く、人前でプレゼンテーションをするのが苦手と言われています。

でも、留学中英語レッスンでは、積極的に不慣れな英語を使う姿やたじろぎながらも自分の答えを言う姿を多く見ることが出来ました。

みんな!素晴らしい!!


そして、英語レッスンが最後ということは、担任のネイティブの先生とも今回でお別れになります。

この英語レッスンを頑張って乗り越えた証としてネイティブの先生から修了書を手渡しで受け取り、一言英語でメッセージをもらいます。


このメッセージを自分で聞き取ることが出来ない。それが悔しいと思う生徒が多くいました。この気持ちを大事にして日本に帰ってからも英語の勉強を続けてほしいと思います。


メッセージをもらった後、何人かに自分の感想を日本語で発表してもらいました。

どういった経緯でこの留学に参加したのか。

来てみてどうだったのか。

日本に帰った後にこの経験がどう活きるのか。

海外にまた行きたい。

など色々な感想が出ました。

ネイティブの先生に英語を使ってメッセージを送っている生徒もいました。



私はこういった節目が人生にとって大事だと思います。

英語が聞き取れないことが本気で悔しいと感じたならば、日本に帰った時に勉強するキッカケになります。
海外での生活が楽しいと感じたならば、今後海外に興味が向き、もしかすると次の進路で海外を選ぶかもしれません。

高校生の間に色々と体験することで進路の幅も広がり、今までにない経験をすることで心が育まれていきます。KTCでは生徒一人一人にあった留学のプログラムを紹介させていただきます。
海外に興味のある生徒や保護者の方は近くのKTCスタッフに一度ご相談ください。