愛知県名古屋キャンパスキャンパスブログ

こんにちは。名古屋キャンパスの伊藤です。
 
KTC生徒の皆さんは、年に1度、屋久島でのスクーリングに参加します。
 
屋久島は、ニュースで取り上げられることが多いのですが、先日はウミガメの話題で取り上げられました。
 
屋久島はウミガメの産卵でも有名なのですが、屋久島近海で今年の4月に発見されたあるウミガメは特別でした。
 
なんと名古屋港水族館生まれのウミガメが、沖縄で放流され、3年の時を経て、屋久島近海で発見されたのです!
放流後に発見されたのは初で、とても貴重な事例だそうです。
 
約800km離れた名古屋と屋久島がつながった気がして、ちょっとうれしい気持ちになりました。
 
なお、写真のウミガメは、今回のニュースのウミガメではなく、私が屋久島で出会ったウミガメです。

お問い合わせ:0120-75-1105
メール:chubu-info@ktc-school.com

産卵のために上陸したウミガメの多くは、夜明け前に海に帰っていきます。
産卵のために上陸したウミガメの多くは、夜明け前に海に帰っていきます。

屋久島の海では、ウミガメが優雅に泳いでいます。
屋久島の海では、ウミガメが優雅に泳いでいます。