愛知県名古屋キャンパスキャンパスブログ

こんにちは、名古屋キャンパスの小島です。
現在実施しているオリジナル授業の美術の授業に「プラクシノスコープ」を使ったアニメーションを作りました。
プラクシノスコープとは、12枚の紙に絵を描き、その紙を機械にセットして回すと、絵が動いているように見えるアニメーションの手法です。12枚の絵が1周回るように描くのがポイントで、最後の1枚が最初の1枚に繋がるように描きます。

その授業の中で水鳥翔くんが効果音も入れて動画にしてくれました!  


水風船が跳ねるようすがアニメーションになっています。
跳ねたときの音にこだわり、自分で音を取ったり、アプリで入れ替えたりと何度も挑戦をして出来上がりました。
出来た時の表情はとても嬉しそうでした。

KTCではさまざまなことに挑戦できます。
楽しいなと思うことや、新たな自分を見つけませんか?