愛知県名古屋キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3131

国語の文法は、正しく理解すれば難しくありません。
国語の文法は、正しく理解すれば難しくありません。

こんにちは、名古屋キャンパスの齊藤です。

今回は、名古屋キャンパスで行っている中学生サポートコース「くれしぇんど」の授業の様子についてお伝えします。先日私は、東条コーチが担当する国語の「文法」の授業に参加しました。「文法」と聞くと、「ややこしい」などのイメージを抱きがちですが、文法用語についての意味を正しく理解すれば難しいものではありません。例えば、この日「自立語」についての勉強をしましたが、「自立語」とは「その言葉だけでも意味が分かるもの」です。「ネコが鳴いた。」という文章の中の「ネコ」や「鳴いた」はそれだけで意味が分かりますよね。これを「自立語」と言います。ですが、「が」は、それだけでは意味がわかりません。こういう言葉を「付属語」と言います。
文法が理解できれば、正しい日本語を使えるようになります。社会では色々な場面で正しい日本語を使うことが求められますので、「くれしぇんど」で自分を高める勉強ができるようサポートします。