愛知県名古屋キャンパスキャンパスブログ

左が講師の野田コーチ、右が八木コーチです。
左が講師の野田コーチ、右が八木コーチです。

こんにちは、名古屋キャンパスの井上です。名古屋キャンパスでは10月からみらい学科の「プログラミングコース」と「子ども・福祉コース」がスタートしました。「子ども・福祉コース」創設に伴い、新しく2名の講師の方に参画していただいたので、今日はインタビューをしてみようと思います!

井上)なぜみらい学科の講師として仕事をしようと思われましたか?

野田コーチ)私は現役の保育士としても仕事をしているので、保育士の仕事の素晴らしさを伝えたいと思ったからです。また、仕事のやりがいだけでなく、保育士の資格の活用法をもっと伝えたいと思いました。保育士として得た技術は、福祉の方面でも活かすことができます。色々な生き方があることを、高校生の皆にも知ってほしいと思っています!

八木コーチ)私は大学で学生に、保育士になるための対策講座を行っています。高校生への授業は初めてですが、「人のためになりたい」と考えている生徒に将来の選択肢をたくさん教えることで、その後の進学や就職などの架け橋になるような仕事がしたいと思ったことがきっかけです。

次回もお二人のインタビューを紹介します!