大阪府なんばキャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3737

今年で第二次世界大戦終結から70年が経ちました。
実際に戦争を体験された方からお話をうかがう機会もだんだん少なくなってきた今、
「貴重な戦争体験談をぜひこの機会に生徒に聞いてほしい」という想いから、
先日、海軍兵として第二次世界大戦に経験した瀧本邦慶(たきもと くによし)さんにお越しいただき、
お話をうかがいました。
94歳という年齢ながら、背筋を伸ばし声を張り、熱く熱くご自身の経験を語る瀧本さんのお話に、教室にいる全員がじっと耳を傾け、その想いを受け取りました。
「戦争の恐ろしさや人間の命の大切さというのを学びました。」
「平和なことがすごく幸せだなと思いました。」
「私がまだ知らないことがたくさんあると思うので、戦争の記録が見られるうちに調べて後世に伝えていくべきだと思った。」
戦争の恐ろしさ、悲しさ、そして平和の尊さを、それぞれの心で噛みしめたことでしょう。
この想いを風化させずに、“いま”を大切に生きていきたいですね。
 
(永井)

ご自身の経験を力強く伝える瀧本さん。
ご自身の経験を力強く伝える瀧本さん。

真剣な面持ち…。
真剣な面持ち…。