新潟県新潟キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2525
生徒のインタビュー風景
一気に冬がやってきましたね。昨年のような大雪にならないことを祈るばかりです。皆さんは、元気にされていますか?
おおぞらには自分のやりたいことに真っすぐな生徒がたくさん在籍しています。そして、自分のやりたことに真っすぐな生徒は、日々充実してくることで、自分が苦手にしていることに向き合うことができるようになることも。プログラミングを通じて、苦手にしていた人との繋がりに対し、少しずつ自信が持てるようになってきた生徒のインタビューをご覧ください。

Q:なぜプログラミングコースを選択したの?
A:ゲームが好きなことがきっかけです。ゲームをしていく中で、ゲームをする側の感情はもちろん、作成している人たちの感情まで考えるようになっていました。そこで、本気でゲームクリエイターになりたいと。そのために、おおぞらでロボットプログラミングを学ぶことで、クリエイターに近づけると思ったのでプログラミングコースを選択しました。
Q:実際にプログラミングコースに在籍した感想は?
A:とにかく楽しいです。試行錯誤しながら自分の考えるプログラミングを作り上げた時の達成感は半端ないです。
Q:入学前と変わったなと思うことはある?
A:キャンパスに登校すると、まずはいろいろなコーチが関わってきます。また、同じプログラミングコースの生徒とは、授業内で一緒に答えを探すこともあります。元々人付き合いが得意ではありませんでしたが、人と話すこと、人と関わることが苦にならなくなったことが一番変わったことだと思います。
Q:今、おおぞらのコーチの話があったけど、おおぞらのコーチってどんな人たち?
A:優しい方々ばかりです。今、進路実現に向けて志望理由書などを作成していますが、そこでも、自分の考えを尊重し、そのうえでより良いものにするアドバイスをいただけるので、とても頼れます。でも、ここまで自分のことを話せるのは、普段からいろいろなコーチが関わってくれているからなのかな。
Q:これから頑張りたいことは?
A:自分の夢に近づくために選択したプログラミングコース。プログラミングはもちろん、今まで自分が苦手にしていた人付き合いについても少しずつ自信がもてるようになりました。大学に進学すれば、今まで以上にたくさんの人と出会えるので、その出会いを大切にして新たな繋がりを増やしていきたいです。
Q:あなたにとって「おおぞら」ってどんな場所ですか?
A:以前の自分は勉強だけで精一杯でした。ただ、今は学校生活、受験勉強、プログラミング、アルバイトと以前よりもやることは増えているのに、計画的に生活できるようになっています。本当にやりたいことを見つけ、そのやりたいことに必要なことは何か考え、自分のペースで具体的に行動できる。自分のやりたことを両立できるのがおおぞらだと思います。

様々な体験から、自分の適性・可能性を見つけることができるのが「おおぞら」。自分のやりたいことに真っすぐに取り組み、日々充実することで、自分に対しても向き合うことができる生徒がたくさん在籍しています。興味をお持ちの方は、資料請求ボタンより資料請求いただけます。
<2022年度新入生 Web出願(専願・併願)受付中>
見学・個別相談にて出願に必要な資料をお渡ししています。見学・個別相談をご希望の方は「見学・個別相談」ボタンよりお申し込みください。土日を含め、ご希望の日時をご選択いただけます。
※来校される場合は、消毒・検温・換気などの感染症予防にご協力願います。
<年末・年始について>
12/26(日)~1/5(水)冬期休業期間となります。新潟キャンパスへのお問い合わせは、冬期休業期間以外にお願いいたします。
※「見学・個別相談」ボタンからのご予約は冬期休業期間中も受付けております。