愛知県岡崎キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2929

授業

みなさん、こんにちは。
KTC中央高等学院岡崎キャンパスです。
 
体験型選択授業「トライアルレッスン」で、『エゴグラム』を使って自己分析を行いました。
 
※『エゴグラム』は、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した『交流分析』という人間関係の心理学理論に基づいて作られた性格診断テストで、たいへん信頼性が高いものです。
 
具体的には、人の性格を以下のような5つの心の領域(CP・NP・A・FC・AC)に分けて分析します。
 
CP(Critical Parent)批判的な親のような自我状態
NP(Nurturing parent)保護的な親のような自我状態
A(Adult)合理的な判断をする、大人のような自我状態
AC(Adapted Child)順応した子供のような自我状態
FC(Free Child)自由な子供のような自我状態

生徒は簡単な質問に回答して、自分の『エゴグラム』を作成しました。
生徒は簡単な質問に回答して、自分の『エゴグラム』を作成しました。

先生から、「『エゴグラム』に良い悪いはありません。30人いれば30通りの『エゴグラム』があります。特定の領域が高い場合は、その領域の自我が、よく働いていることを示しているのです。」との解説がありました。
 
「もし、周りの人との人間関係を変えたいと思うのであれば、自分の行動を少し変えると良いですよ。具体的には『エゴグラム』で分かった、低い領域の機能を高めるように行動すれば良いのです。自分の行動は、自分で決められますよね。」とお話しをして頂きました。
 
実際に、『FC領域』を高めるための具体的な方法を教えて頂きました。
 
それは、『自分の好きなこと。楽しいと思えることを書き出す』と言うものです。
『自分の好きなこと』を書き出している際の生徒の表情は、活き活きとしていました。
 
授業後、生徒からは「行動によって、人は変われるのですね。」といった感想が聞かれました。
 
岡崎キャンパスでは、これからも体験型選択授業「トライアルレッスン」で様々な学びをして行きます。
 
少しでも興味を持って頂いた方は、岡崎キャンパスに見学に来てください。