東京都東京(新宿)キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919/reserve/?kubun=3&event=002&campus=19

講演会「睡眠リズムと不登校」を開催、多くの中学校・高等学校の先生方、保護者の方にご参加いただきました。

8月17日(木)KTC中央高等学院 東京キャンパスにおいて医師・医学博士の志村哲祥先生をお招きした講演会「睡眠リズムと不登校」を開催、多くの中学校・高等学校の先生方、保護者の方にご参加いただきました。

「いくらがんばっても朝起きられない」「疲れているのに、夜なかなか眠れない」「学校に通いたいのに通えない」このブログを読んでいただいている皆さんの中にも、そんな悩みを持った方は多いのではないでしょうか?

東京都教育委員会の報告では高校を中途退学する4割の生徒が「学校の時間と自身の生活リズムが合わない」ことを理由に挙げています。
子どもたちがこのような状態になった時、学校として保護者としてできることは何でしょうか。
約2時間の講演で、志村先生からのアドバイスとKTC中央高等学院としての取組みを発表しました。

講演後、参加された方からは
「起立性調節障害という診断が出て診療も受けているが、なかなか改善されず悩んでいた。実は睡眠リズムのずれが根本的な問題なのかもしれないとわかって良かった」
「具体的な保健面談のポイントが聞けて良かった」
といった感想が寄せられました。

通信制高校には、生徒の心と体の状態に寄り添いながら、がんばれる時に挽回できるシステムがあります。
さらにKTC中央高等学院では、高校を卒業するだけでなく、社会に出るまでに身に付けてほしいことまで、生徒の状況や希望に合わせた指導やサポートが可能です。
今後も引き続き、KTC中央高等学院では睡眠リズムに悩む生徒・保護者を応援していきます。