東京都東京キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919

みなさん、こんにちは。今回は1/14に実施した天津市(中国)の紫雲高校との交流授業の様子をお伝えします。紫雲高校の生徒は中国で日本語を勉強し始めたばかりで、ひらがなを覚えたレベルです。KTCの生徒は中国にルーツのある生徒2名を通訳担当、残りは「ニーハオ」くらいしか知らない生徒でのぞみました。

ちなみに、コミュニケーションは片言の日本語、中国語<英語<携帯の翻訳機能でとっていました。紫雲高校の生徒は英語を普通に話すことができます。KTCの高校生も長期留学経験者も多く、英語でコミュニケーションをとっている姿はとてもかっこよかったです。また、直接、会話ができるように学ぶのはもちろん大事ですが、実は携帯の使い方を学ぶ授業もあってもいいのではないかとも思いました。国際交流授業【実際の授業のハイライト】
①文化の違いを感じよう!
Q. 赤いものといえば?
(KTC)りんご、とうがらしなど
(中国)太陽、国旗など
「中国の人は太陽の色は赤なんだ。」ちょっと、びっくりしました。

②共通点を探そう!
KTCと紫雲高校の生徒が混ざったグループで共通点を探してください。
(共通点)「アニメが好き」が圧倒的に多かったです。

③茶道を体験しよう!
※KTCの生徒が茶道を教えてくれました。茶道体験④プレゼントソングKTC生からは「夢をかなえてドラえもん 中国語ver」
紫雲高校からは「パプリカ 日本語ver」
⑤みんなでランチ

KTCおおぞら高等学院 東京キャンパスは近隣にある日本東京国際学院と定期的に交流をしています。これからの時代で活躍するために、在学中にたくさん違う価値観、文化の人と接していきましょう!(小嶋)