東京都立川キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2020
鉄筋施工体験

先日、八王子市にある株式会社 ヤマガタ鉄筋工業様の協力で「鉄筋施工体験」を開催いたしました。
今回のテーマは「日本を支える鉄筋」です。

建築資材の「鉄筋コンクリート」の鉄筋です。ビルやマンション等の現代の大型建築物や橋やトンネル、高速道路の構造物のほとんどが鉄筋コンクリートで建てられていますが、それは鉄筋を組んだ上に、コンクリートを流し込んで組み上げていくのですが、実は、「鉄筋を組む企業」と「コンクリートを扱う企業」は別なのだそうです。

当日の体験の様子をお伝えします。
教室に、今まで見たこともないほどの太さの鉄筋が運び込まれ、今から何ができあがるのか生徒も不思議そうに見ていました。
職人さんに教わりながら、実際に鉄筋を図面通りに土台となる床、柱と組み上げていきます。鉄筋同士を針金で固定していく作業ですが、さすがに職人さんは、早く手慣れたものでどんどん組みあがっていく様子は圧巻でした。初めて作業する生徒は時間がかかっていましたが、鉄筋を網目状に組む作業に集中する生徒の表情はとても真剣でした。
建物の強度に密に関係するので、確実な仕事が求められることなども学びました。
職人への道は一日では成し遂げられない長い道のりということも、体験することができました。組みあがった鉄筋は柱になり、生徒も自分たちが組み上げたんだ!と感動していました。授業後の生徒の感想
「今までの授業の中で一番楽しかった!」
「自分にはこのようなコツコツと積み重ねてゆく仕事が向いているのだとわかって良かったです」
貴重な体験をさせていただきました。

社会の架け橋プログラム®は、なりたい大人を見つけ、やりたいことや好きなことに近づくためのキャリア教育プログラムです。
自分の進路や将来をじっくり考え、自己発見や他者理解、業界理解を深めていきます。

「自分に何が向いているかわからない」「どんな大人を目指していいかわからない」そのように悩んでいる人も多いのではないでしょうか? この社会の架け橋プログラム®で実際の仕事に触れながら、自分の将来に向き合ってみませんか?