マンガイラスト部門

夢に向けて大きく前進!

マンガイラスト部門では選んだテーマに沿って『プロットシート』を作成し、その内容をもとにイラスト・マンガを制作、プレゼンテーションとして発表するところまでをゴールとしています。「テーマ内容をいかにイラストで表現し、プレゼンテーションを通して伝えることができるか」を評価基準とし、イラストの上手さだけではなく、相手にどれだけ自分の考えを伝えることができるかを競い合います。

『プロットシート』とは?

テーマを選んだ理由、あらすじ、今後の展望を簡潔にまとめたもの。作品作りの骨組みとなる設計図です。プロットシートの内容をもとに制作を行い、プレゼンテーションの発表内容を固めていきます。

2020年度グランプリが決定!

2020年度のみらいカップ マンガイラスト部門はオンラインでのプレゼンテーション大会を実施しました!

グランプリ

福岡キャンパス チーム "福岡CP"

Q:今回の結果について率直な今の気持ちを教えてください。

頑張って良かったーーーーー!!!!チームのみんなに感謝です...!!
他のキャンパスの人たちの作品、考え方も知ることができて楽しかったです。

Q:おおぞら杯に参加する前と後で感じるご自身の変化を教えてください。

参加する前は漫画なんて描いた事ないし不安で友達に誘われるまで参加しようとは思いませんでした。他の人に、わかりやすく魅力的な構図、作画、コマ割りをするというのはとても難しいということを知ってプロの漫画家さんたちは本当に凄い人たちだなと言うことを知りました。
難しいページを皆で乗り越える度に技術が身に付いたように感じます。難しくて知恵熱を出した事もありましたが、参加して良かったです。

Q:これから入学してくる中学生に向けてメッセージをお願いします!

最初は不安しかないかもしれないけど、どんな結果になろうと頑張って創りあげた作品は次へ繋がる道へとなります。全力で取り組む分成長できます。挑戦して良かったと思える筈です。

準グランプリ

名古屋キャンパス チーム "ボルドー"

Q:今回の結果について率直な今の気持ちを教えてください。

コンクールで入賞するのは初めてだったのでいい経験になったと思っています。今までで一番良い作品ができました。相方のサポートのお陰で、途中で折れることも無く完成させることが出来て、ある意味悔いはないです。

Q:おおぞら杯に参加する前と後で感じるご自身の変化を教えてください。

考え方の違う2人で役割分担をしたので、自分1人では絶対に作れない作品に仕上がりました。 「新しいことに挑戦する」を今年の抱負にしていたので、あまり描き慣れていなかった自然物に力を入れて取り組みました。手をつける前は不安だったけど、実際にやってみると「なんだ、案外大したことない!」、「新しいことを知るのはこんなにも楽しいんだ」と改めて感じたいい機会になりました。

Q:今回の結果を踏まえて、次の目標はありますか?

作品が完成できたのは、この大会と相方のおかげです。準グランプリということで、何が足りなかったのだろうか、まだ他に伸ばせる場所があったのではないかと、じっくり反省をして考える時間が必要になると思います。決して終わったことでは無く、しっかりと自分の描いた作品とそれに授けられた結果と向き合い、自分を高めていきたいです。そして作品を最後まで仕上げれば評価されるということがわかったので、これからも自信を持って作品制作を続けていきたいと思いました。

審査員特別賞

立川キャンパス チーム "羊の庭"

Q:今回の結果について率直な今の気持ちを教えてください。

やったー。審査員特別賞ってどんな賞なんだろう。スピーチより絵が評価されてたら嬉しいな。どんなものでも賞がもらえるなんてことは全くないので嬉しいです!

Q:おおぞら杯に参加する前と後で感じるご自身の変化を教えてください。

やる前と後でも自分の絵に関してはまだまだだなと思っています。人前で自分の抱えている世界を発言するのは変化かなと感じています。

Q:これから入学してくる中学生に向けてメッセージをお願いします!

来年チャレンジする人へ、いつも通りやってください。

「やり切ることができた」ということに誇りと感謝を持ってほしい

どの作品もとても絵に力を入れてくれていて、出来が良かったです。が、まず何よりも参加者全員が「ものを伝える」ということに熱量を使ってくれたことがとても大きかったのではないかと感じています。また、「仲間/コーチと一緒にやり切ることができた」ということに誇りと感謝を持ってほしいと思っています。自分ひとりだったら投げ出してしまっていたかもしれないことも、「お互いがいたからできた」というこの経験が何よりもよい機会になったのではないでしょうか。このことはぜひ「大人」になっても振り返ってもらいたいですね。

そして、他の学校ではこのようなプレゼンテーションの機会や他の地域の高校生とつながることも珍しいと思います。おおぞらに入学したことによって、「オンライン」で全国のたくさんの才能に触れることができたことも、高校生という時期にいろいろな多様性を知ることができていることも、とてもいい機会だったと思います。それぞれのチームがこの大会に向けて盛り上げてくれたことで本当に良い大会になったなと思いました。

本当に皆さんお疲れさまでした。ぜひ来年もチャレンジしてください。

《総評》日本マンガ塾 講師 信濃 裕馬 先生

ダイジェスト動画はこちら

当日の様子を少しだけお見せします。 それぞれの緊張した様子や達成感も感じられますね。総集編の動画はYouTubeでも公開中です。是非ご覧ください。

2020年度KTCおおぞら杯みらいカップ 
マンガイラスト部門

これまでのKTCおおぞら杯

KTCおおぞら杯TOPへ戻る