東京都東京秋葉原キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1818
プログラミング

本日、紹介する生徒はウィークデイ3年次生の高橋くんです。
昨年のプログラミングの大会「トレジャー部門」では見事優秀を飾りました! それでは、高橋くんのインタビューです!

ープログラミングコースに入って良かったことは?ー
論理的な思考ができるようになったことです。例えば、ある物事を行おうとするときに「PDCAサイクル」を実践するようになりました。順序立てをしっかりと考えるようになったということです。

ー昨年のプログラミングの大会で優勝するためにやったことは?ー
ひたすらトライアンドエラーを繰り返したことです。あと、引き算的思考を実践したことです。実はロボットに組んだプログラム自体は全然複雑じゃありません。ただ、最初は複雑でした。それを簡素化していって、ハード面も改良していきました。簡単いうと、シンプルして、柔軟的思考を元にバランス感覚を大切し、信頼性を高めたということです。

ー今年度の種目、二足歩行ロボットはどうですか?ー
二足歩行ロボットは、ガンダムが好きなので、楽しいです。プログラム自体は簡単だけど、ハード面が大変です。具体的いうと、直立二足歩行ができるかということ。バランスの問題が... ロボット工学的な知識が必要となります。ガンダムが好きだから、なんとなく感覚でできていますが、コンセプトモデルを参考にして、それを元にアップグレードしている感覚でやっています。

ーインタビューありがとうございました♪ー

今年も優勝して、2連覇を期待しております! 高橋くんは、学校でも私たちスタッフの手伝いや中学生のオープンキャンパスではプログラミング体験のスタッフとしても活躍してくれています。彼も最初から、全てがうまくいったわけではありません。KTCおおぞら高等学院に入ってから、色々なことに挑戦して、成長しました。私も彼を3年間見ていますが、今では本当に堂々としているとその成長を肌を感じています。3年最後の年はコロナ禍ですが、充実した学校生活を送ってもらいたいと思っております!

プログラミングコースの詳しい内容や見学したい人はキャンパスにご連絡ください! お気軽にお問い合わせください♪