兵庫県姫路キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?campus=3939

スーツの着こなし講座開催☆
スーツの着こなし講座開催☆

上手く結べるかな?
上手く結べるかな?

海外の話に、みんな興味津々☆
海外の話に、みんな興味津々☆

姫路キャンパスでは7月23日(火)に前期の授業を終え、夏休みに入りました。
7月24日(水)から確認レポートの期間に入り、
受講対象者の生徒が真剣な眼差しで取り組んでいます。

また夏休みを明けると、就職希望の生徒は高卒求人への応募と選考が始まり、
進学希望の生徒はAO入試や推薦入試への出願が始まります。
KTCには制服もありますが、姫路キャンパスでは私服で登校する生徒が多く、
入学式や卒業式、またこれから始まる就職活動や進学受験には
スーツを着て臨む生徒がほとんどです。
しかし、みんな高校生。自分のスーツを持っている生徒は少なく、
男子生徒にはネクタイの結び方を知らない生徒もいました。

そこで姫路キャンパスでは、7月5日(金)にスーツの着こなし方を知るために
スーツのプロフェッショナルである「洋服の青山」のスタッフの方にお越し頂き
以下の内容でレッスンして頂きました。

・正しいスーツの選び方
・正しいスーツの着方
・カバンやバッグの選び方
・ネクタイの色で心理テスト
・ネクタイの結び方

特にネクタイの結び方は、実際に2名の生徒がスタッフの方に教わりながら
自分でネクタイを結んでみるなど、実物を使ったレッスンに生徒も興味津々。
この講座を参考に、自分のサイズにピッタリ合うスーツを手に入れて、
来たる人生のターニングポイントに備えてほしいと思っています。

次に7月23日(火)に
フリーランス保育士であられる小竹めぐみさんをお招きしての講演会を開催しました。
小竹めぐみさんは、大学卒業後4年間幼稚園に勤務された後2年間ほど教育の現場から離れ、
自身の進むべき道を模索。
2010年には「子どもたちの今と未来を明るくしていきたい」と大人のための任意団体「オトナノセナカ」を立ち上げ、
2011年4月から保育士として1年間勤務、2012年4月からフリーランス保育士として活躍されています。

今回の講演では、海外での経験を中心に
「人は変わることができる。新しい自分の発見のためには、チャレンジすることを恐れてはいけない。」
ということを、ご本人の実体験からお話し頂きました。

小竹さんは高校生の頃、当時流行っていた「ガングロメイク」に「金髪」といわゆる「ギャル」だったそうです。
しかしそれは周りの友達に「合わせている」だけで、そんな自分が嫌いだったそうです。
その後小竹さんは、海外に渡りボランティアを通して様々な国の子どもたちと出会いました。
この出会いが小竹さんを変え、現在の幅広い活躍に繋がっているのです。

KTCでは海外体験プログラムも充実しており、姫路キャンパスから毎年カナダのバンクーバーをはじめとする
世界各地のプログラムに数名の生徒が参加しています。
参加した生徒はみんな、出発前の不安そうな表情が帰国後はとても晴れやかな笑顔になっています。
きっと小竹さんのように日本を飛び出して、違う文化、人々に触れることで、新しい何かを発見したのでしょう。

初めてのチャレンジは誰でも不安なものです。
しかし一歩を踏み出してみると自分が思ったよりも楽しいことがほとんどです。
みなさんも、KTCに入って新しい一歩を踏み出してみませんか?