兵庫県姫路キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3939

インタビューしたのは3年次生の土居君です。進路に対して早くから動いていて見事大学に合格を勝ち取りました。
どのように進路活動をしていたのか聞きました。

進路を決めた生徒▲進路を決めた土居君

〇大学を進路先に選んだ理由は何ですか?
自分が勉強したい法律がその大学にあったことが決め手でした。地元で通学圏内だったのも選んだ理由のひとつです。
親も「通いやすくていいと思う」と喜んでくれました。

〇入試にあたり準備したことはありますか?
3年次生の1学期は受験のことに時間を使いたかったので、2年次生までは課題提出の期日をしっかり守ることを意識しました。3年次生になり集めた資料の中から進路先を絞ったうえで、夏休みに行われた個別の進路相談に行き、提出書類のチェックをしてもらいました。特に作文は何度も添削をしてもらい安心して提出することができました。
試験には面接もあったので、たくさんのコーチに受け答えやしぐさや癖なども指摘してもらったのでその点を意識しながら面接に臨むことができました。勉強を頑張って進路を決めるために転校してきたので、本当にKTCおおぞらに来てよかったです。

〇大学で頑張りたいことは何ですか?
まずは学生の本分である勉強をしっかりすることです。地元の大学で時間も有効に使えると思うので、勉強だけではなく自分自身をスキルアップさせるため、サークル活動にも参加したいです。自分の幅を広げるチャレンジを積極的にしていきたいです。

〇後輩にアドバイスをお願いします
進路先を決めるきっかけは何でもいいと思います。興味のある職種でもいいし、学問でもいいし。数多ければ選択肢が広がります。大学の資料は集めまくりました。その中から自分で気になる学校を選び、マイコーチ®や親と相談して決めました。3年次生になると時間は限られてきますが、焦っても意味ないので時間をかけてしっかり決めた方がよいと感じました。

いかがでしたか? しっかり計画を立てて自分の希望をかなえた土居君。大学では様々なことを学んでほしいと思います。
KTCおおぞらではキャンパスのコーチがみなさんの進路に対してしっかりとサポートしていきます。