兵庫県姫路キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3939
姫路城と一緒に

まだコロナではなかった2019年10月ごろに姫路城でハイチーズ

こんにちは!
今回は卒業生インタビューということで、Kさんへインタビューしました♪

今進路を迷われている方も多いかと思いますので、Kさんがどのように進路を決めたのか、そして後輩たちへのアドバイスやメッセージをもらいましたのでお送りします。

Kさんは、大阪芸術大学 舞台芸術学科 演技演出コースに進学しています。

Q. その進路を選んだ理由は何ですか?
私がこの大学を目指したきっかけは、幼い頃、地元のミュージカル教室に通っていたことです。その頃から舞台に立つのが好きで、高校2年の冬、お芝居を学べる進路先としてこの大学を選びました。

Q. 合格するまでどんな対策をしましたか?
合格までの道のりとして、まず高校2年の3月に初めて大学の体験授業へ行き、高校3年の7月にオープンキャンパスにも行きました。
体験授業には講義、座学形式の授業があったのですが、私は帰り際に先生に個別で質問をし、自分なりに熱意をアピールしました。

そして、AO入試当日のことですが、私は面接ではなく、グループで話し合い、実際に行動するという内容の試験でした。
そのときも、積極的に意見を出しつつ、周りを見て行動することを心がけました。
どんな試験でも、その試験の「目的」や「ねらい」を自分なりに解釈し、それに適した行動をしていくことが大切だと思います。

Q. 志望理由書はどのような対策をしましたか?
志望理由書は、まず文字数の指定がある場合、指定された文字数の8割から9割は書けるといいかな、と思います。
そして、大学の特色が自分に合っているということが書けるとアピールに繋がります
そして、自己PR欄がある場合、長所をなるべく多く書き、短所は書かない方がいいと思います。
長所は、具体的なエピソードを書くと尚いいと思います。
例として、ボランティアや留学、検定取得などを通して学んだことを書ければ十分アピールになります。

Q. では最後に自分のみらいについてと後輩たちへのメッセージをお願いします!
私は、昔から役者になりたいという夢があります。私はみらいの架け橋レッスン®の進路対策の時間を活用して、夢への第一歩である大学に合格することができました。

たとえ今の自分には叶えられそうにない夢だとしても、夢を持ち続ける、その夢を叶える努力をし続けることはとても大切だと思います。皆さんも、日々夢に近づけるように頑張ってください。応援しています。