兵庫県姫路キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3939

「絵を描くことは好きですか?」「将来、絵に関する仕事に就きたいですか?」

KTCおおぞらにはみらいの架け橋レッスン®「イラスト」があり、みらい学科™には「マンガイラストコース」があり、絵を描くことが好きな人が楽しくキャンパス生活が送ることができる環境があります。そんな生徒の中にはやはり絵に関わる仕事につきたいと考えている人も多いです。本日は、夏休みに行われたプロの漫画家による出張授業の様子をお伝えします。

はじめに専門学校アートカレッジ神戸様から将来の道筋についての話がありました。「絵が好きという気持ちは仕事になる」という説明を受けました。絵を仕事にするということは漫画家や画家ぐらいのイメージしかありませんでしたが、今はデジタル化が進んでいるため、そのスキルを使ってホームページを作成したり、ロゴを作成したりする仕事もあると教えていただきました。

授業をしてくれたのは、プロの漫画家であり、専門学校でも教えている、はらまさき先生。先生からは、まず課題が配られ、ペンを使って描き写しをしました。

集中して描く生徒▲生徒の集中力は凄かった。無音の時間だけが過ぎていきました

一通り描き終わったら、先生から質問がありました。

「メインのものとそれに付随したもの、どちらが時間かかりましたか?」
「皆さんはマンガの何を見たいですか?」

メインとなるものよりは、枠線を引く、フキダシ・背景・効果を描くことの方が時間をとり、見たいものは、キャラクターやストーリーだけわかれば満足かな? と考えていると「よって時間がかかっていた枠線や背景など簡略化したいところはデジタルで行うのですよ」と説明がありました。デジタル化が進んでいると言われてもピンとこない部分もありましたが、実際に体験をするとそのことは容易に理解できました。

最後は実際に先生のデモンストレーションをみせていただきプロの技術を目の当たりにしました。生徒からの質問も活発に出て有意義な時間となりました。

あっという間にキャラクター完成▲さすがプロ。あっという間にキャラクター完成