兵庫県姫路キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3939
収穫したはつか大根
姫路キャンパスでは、日々の「成長」を実感してほしいと常々思っています。
それが顕著に感じられるお勧めの「みらいの架け橋レッスン® 」農業。今回も様子をお伝えしていきます。

時は昨年にさかのぼること11月下旬。気温は17℃。くもり。
さて、間引きと追肥を終えたはつか大根は今......? いつものメンバーは、今日も期待と不安とクワを持って、畑に向かいました。肝心のはつか大根の様子はどうでしょう。
!!
また、さらに大きくなっている! その場にいたコーチとメンバーは、その十分にたくましく育った雄姿を目にして、一つの共通の想いを抱きました。「ついに収穫できる!」

スコップなどを使って丸々と肥えたはつか大根の周りの土を取り除きます。ここは慎重に、慎重に。大事に育てたはつか大根に何かあってはいけません。そしてある程度、全体が露わになってきたらそおっと土から出してあげます。そう、まるで赤ちゃんを取り上げる助産師さんのように。収穫には繊細な手つきと愛情が大切なことを学びました。そして何より、自分たちが手塩にかけて育てた植物が大きくなる喜びと達成感を味わうことができました。

さあ、収穫を終えたメンバーたちは満面の笑み。次はいよいよ、このはつか大根を使って作った料理を紹介します。
「食育」の観点からも「みらいの架け橋レッスン® 農業」をご期待ください!