兵庫県姫路キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3939
おおぞら杯 紙芝居読み聞かせ 子ども福祉コース

子ども・福祉コースの生徒が、チーム「YSF」として、全国のキャンパスが集うKTCおおぞら杯「紙芝居読み聞かせ」に参加しました。「紙芝居」は幼稚園や保育園で読まれることは想像できますが、介護の世界でも認知症の対策として「紙芝居」がレクリエーションの中で使用されます。今回の大会では、対象は年少・年中向け、全体のテーマは「つながり」。自分たちで物語を考え、絵を描き、読み聞かせの練習をしてきました。姫路は食糧問題を子どもたちにもわかってもらえるように、身近にある食べ物をあげながらストーリーを完成させました。

大会当日、最初はリラックスして他キャンパスの読み聞かせを聞いていましたが、順番が近づくにつれて緊張度があがってきて落ち着きもなくなり、少し心配でしたが、いざ本番となると普段の練習通りに堂々と読み聞かせを披露することができました。他キャンパスの読み聞かせも完成度は高く、ストーリーに引き込まれていきました。順位付けという点では、入賞とはいきませんでしたが、今回はきっちりやりきったことを自信にして今後の人生に活かしてもらえたらと思います。

今回の様子はKTCおおぞらの公式YouTubeで配信されます。お時間があれば生徒の日頃の努力の成果をぜひご覧ください!