兵庫県姫路キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3939
ドラムを叩く生徒

「みらいの架け橋レッスン」とは、なりたい大人になるために、好きなものやことを見つけるための、KTCおおぞら高等学院オリジナルの授業。姫路キャンパスでは毎日様々な授業を開講しています。その中でも特に人気が高いのが「軽音」です。

ミュージシャンでもあるコーチに高度なギターテクニックを教えてもらうも良し。初めてのキーボードに触れるも良し。もちろんマイ楽器を持参して、さらなる高みを目指すも良しです。参加している生徒は、思い思いの過ごし方で充実した時間を過ごしています。

ドラムセットを前にし、ハツラツとした笑顔を浮かべていたのは以前吹奏楽をやっていたというKくん。「楽しい♪」と言いながらノリノリでタムタムを叩くその姿は、机上の勉強とは少し違う喜びを体で感じているようでした。

また、この「軽音」を通じ、バンド・グループが結成されることもしばしば。好きな音楽が同じ仲間とセッションすれば楽しいですよね! いずれはメジャーデビューなんて夢も膨らみます。

世の中はまだまだ経験したことのないことでいっぱい!
コロナ禍ではありますが、私たちと一緒に新しい「好きなこと」を探してみるのは如何でしょうか。
興味のある方は、どうぞKTCおおぞら姫路キャンパスにご連絡ください。