広島県広島キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4343

自分の力で、卒業証書を手にしました。
自分の力で、卒業証書を手にしました。

キャンパス生活を思い出しながら、温かく見守るスタッフです。
キャンパス生活を思い出しながら、温かく見守るスタッフです。

座談会では、担任から記念品と色紙の贈呈。おめでとう!
座談会では、担任から記念品と色紙の贈呈。おめでとう!

 9月13日(日)、広島キャンパスでは全国のキャンパスに比べていち早く、前期の卒業式が行われました。今回の卒業生は13名。式はとても厳粛なのですが、どこか温かみのある雰囲気で始まりました。

 まず、“写真で綴るKTCの思い出”として、キャンパスでの行事やスタッフとの記念写真などが音楽と共にスライドで流れてきました。懐かしい映像でキャンパス生活を振り返っていると、一人一人の頑張りが思い出されてきます。キャンパス長の式辞でも、「今、一人ひとりに卒業証書を手渡しました。この卒業証書は、紛れも無く、自分の力で手に入れたものです。皆さんは、もしかすると、他の人よりも少し遠回りをしたかもしれません。でも、その遠回りは決して無駄ではなく、皆さんのこれからの人生において、とても意味のあることです。頑張った自分を褒めてあげて下さい。」という挨拶がありました。

 式では、生徒の前籍校でお世話になった先生もお祝いに駆けつけて下さり、「先生久しぶりです!お元気ですか?」「心配してたけど、無事に卒業できて良かった」という声も。その後の座談会では、お菓子をつまみながら在校生やスタッフと交流や、生徒会主催のゲームを通し、最後の楽しい時間を過ごす事ができました。

 卒業生13名、それぞれ、いろいろな想いでこのKTCに登校していました。つらい経験もあったでしょう。だからこそ、皆さんは、これから他人の痛みも感じることができる、優しい人間になって欲しいと思います。今後の長い人生、嫌なことも、挫折したくなることもあるかもしれません。そんな時、どうしても行き場に詰まって辛くなった時は、いつでも帰ってきて下さい。KTCは、いつもみんなの味方です(^^)