埼玉県川越キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1414
みなさん、こんにちは。いよいよ7月となりました。中学3年生の多くの方が部活動もひと段落し、期末試験も終わったころでしょうか? 自分の成績と行きたい学校とのバランスをとりながら進路を選んでいくわけですが、やっぱり「自分のやりたいことができる」学校選びをしてほしいものです(そのほうが、高校生活が充実すると思います)。
KTCおおぞら高等学院 川越キャンパスでも学校の内容を具体的に知る機会として、この夏は「学校説明会」のほかに「みらい学科™ 体験会」も予定しています。「みらい学科™」は各種専門分野を高校生のうちから学び将来につなげていける学科ですが、今回は大人気の「プログラミングコース」について、ご紹介します! この記事を読んで興味が湧いた方はぜひ夏の体験入学にご参加ください。プログラミングコースの様子KTCおおぞらのプログラミングコースはロボットプログラミングを通してこれからの時代に必要な力(ソフトスキル)を身につけることができますが、ロボット検定やKTCおおぞら内での大会への参加などに挑戦ができます。プログラミングを学びながら、それ以外の大切な力(仲間と協働、コミュニケーション、ねばり強さ、発想力など)が身につくコースです。以下、川越キャンパスのプログラミングコースで頑張っている在校生の「れいじ君(1年次生)」「はる君(2年次生)」へのインタビューをご覧ください。

●プログラミングコースで学んでいる理由とかきっかけはどんなものでしたか?
れいじ君:自分は前からものをつくることが好きだったので、レゴ® ブロックでロボットを作れるということにまずは魅力を感じたからです!
はる君:僕は、もともとプログラミングに興味がありました。将来的にもプログラミングが必要になると思っているので(プログラミングの)雰囲気を感じて慣れておこうと思ったからです!
※自分の好きなことや興味が学びにつながっていていいですね。さらに、プログラミングは義務教育段階から必修になりつつあるので、大切なことかもしれません。

●今年度、プログラミングコースで学んできてどんなことを感じていますか?(感想でもいいですよ)
れいじ君:自分が組み立てたプログラムで、想像通りにロボットが動いてくれた時に一番楽しいと感じました! 自分でロボットを作ったり改造できるという点も楽しいです。
はる君:僕も(れいじ君と)一緒で、自分で作ったプログラムがイメージ通り動いてくれた時が一番うれしかったです!
※試行錯誤しながら、うまくいったときには達成感があります。そして自信にもつながっていると思います。

●将来の夢や目標はどんなものですか?
れいじ君:今やっているプログラミングコースの経験を生かして、IT関係の仕事に就きたいと思っています。
はる君:プログラミングコースでの授業を生かしていきながら、好きなゲームに携われる仕事に就きたいと思っています。
※「好きなことが仕事になる」、とてもいいですよね!

●これからプログラミングコースにチャレンジしようと思っている人に一言いいですか?
れいじ君:プログラミングに興味があるけどなかなか踏み出せない人もぜひ体験会からチャレンジしてみてください。
はる君:ものを作ったりするのが好きだったり、IT関係に興味がある人はぜひやってみてください。
※自分の好きなこと、興味のあることに対してはまず「一歩踏み出してみる」ことが大切かもしれません。

いかがでしたでしょうか? KTCおおぞら高等学院 川越キャンパスでは夏にプログラミングコースの体験会を予定しています。好きなことを一生懸命学んで、充実した高校生活にしていきましょう!
<みらい学科™ プログラミングコース体験会>
日時:7/31(土)・8/7(土)13:00~14:30 ※7/31の回はご好評につき定員に達したため只今受付を閉め切っております。枠が空いた場合はホームページ上で表示されますのでご確認ください。8/7(土)の回は若干空きがございますが、お早めにお申し込みください。お申し込みはページ下方の「体験入学 予約」ボタンから、またはお電話(049-225-5000)でお申し込みください。なお、感染症対策のため定員を設けておりますが、参加される方はマスク着用や手指の消毒などにご協力をお願いいたします。