埼玉県川越キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1414
みなさんこんにちは!12月も半ばになり、日に日に寒さが厳しくなりますね。川越キャンパスではみらい学科™子ども・福祉コースやマンガイラストコースの生徒たちが実習の中で作成したおりがみ制作や、イラストが掲示されており、華やかですよ!
IMG_9749.jpg
さて今回のキャンパスブログでは、冬休み前の土曜日に行われたボランティア活動の様子をお伝えします。川越市には今22か所の子ども食堂があり、子どもの居場所や温かいものを楽しんで食べられる場所の提供をしています。今回のボランティア活動は、先月のブログでも取りあげた【NPO法人ファミリーねっとスマイリ】さんの活動です。子ども食堂にくる家族向けに、さまざまな食材が入ったセットを配布するというボランティアです。新型コロナウイルス感染症の影響が長引くなか、食の支援を必要とする方が非常に増えていることからフードパンパントリーという食料の無料配布が行われています。この活動が地域交流やつながりをもち、それぞれの家庭を支えるきっかけとなっています。

まず初めに生徒たちは決められた資金の中で、献立に沿って買い出しを行います。カレーの材料や朝食セット、おやつセットなどテーマは決まっていますが、どんな商品をいくつ購入するかは、それぞれボランティア生徒たちが考えて購入します。自分自身がもらって嬉しいものを予算の中でいかに入れられるかをよく考えて買い出しをしていました。
4BB39DFA-20E7-4A3B-AE47-73E74A34DB1E.jpg
「予算の中でできるだけたくさん購入したい!」「いつも購入する牛乳よりも少し高めな牛乳をいれよう!」などそれぞれが工夫をして楽しみながら取り組んでいました。

午後には、子ども食堂を利用する方々が訪れて、交流をしながら食料配布を行いました!何種類かある食材の中でくじを引き希望の食材を持ち帰っていただくイベントですので、それぞれの役割に分かれて活動スタート! NPO法人ファミリーねっとスマイリ 代表鈴木さんにお話を伺いました。「私たちの活動では、貧困家庭はもちろんですが、地域のすべての子どもや家族のための役に立ちたいと考えています。当たり前の日常を送るのも難しい状況やご家庭もあります。川越市内に住む子どもたちが健やかに、のびのびと暮らせるように手助けをしていきたいと考えています。」ボランティア活動を通じて、生徒たちは魅力的な大人と出会い、様々なことを吸収しています。NPO法人ファミリーねっとスマイリの方々はみなさん気さくでとても素敵な方ばかりでした。生徒たちは一緒にクリスマスツリーを飾ったり、サンタ帽子をかぶったりしてイベントを楽しんでいました。 体験を通じて、喜びや充実感がえられるだけでなく、ボランティア活動から人や社会、自分について新しく気づくことがあり、知識や技術も学べます。KTCおおぞら高等学院では、他者との関わりの中で新しい自分への気づきを得ることができる体験が沢山あります。KTCおおぞら高等学院で、今まで気づかなかった自分を見つけてみませんか?

<学校見学・個別相談随時受付>
ページ下方の「見学・個別相談」ボタンからWebでの予約が可能です。感染症対策のため、ご来校時のマスク着用や手指の消毒、検温などにご協力ください。オンラインでの個別相談もご利用ください。