兵庫県神戸キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3838
ピアノを弾く講師
今年度のみらい学科™ 子ども・福祉コースでは、保育園実習ができない分、様々なことに挑戦しました。
コロナ禍でも、コース生には将来につながる経験をしてほしい。
その思いでから、神戸キャンパスは今年度新しく二人の講師に来ていただくことになりました。
例えば、保育士歴25年の講師からは保育園で実際に作った工作・みんなで歌う手遊び・絵本を紹介してもらい、自分でも作って楽しみました。
また、子ども・福祉コースでは初めての全国大会も開かれ、紙芝居をお話からイラストまで作り上げました。
そして神戸では3月から、声楽を専門に勉強されてきたリトミックの講師を迎えました! 以下は、その講師の紹介文です。

1. 名前 藤岡渉子(ふじおか しょうこ)

2. 出身地 千葉県(幕張メッセやディズニーランドが近いです)

3. 趣味・特技  映画鑑賞 刺繡 バトン 香水

4. どんなことを教えるのか 幼稚園、保育園の子どもたちが言葉や身体の使い方を楽しい音楽を通じて身に着けていくのがリトミックです。
お勉強ではなく、講師が楽しそうにしているのを見て子どもたちはまねっこしますから、講師が目的を持ちながらもリラックスしていけるやり方をお話していきます。

5. メッセージ 「こういうのはどうだろう?」「どうしてこんなことするの?」疑問はどんな小さなことも話ししてください。
私にもわからないことがあります。
皆さんだからこそ見えることがあります。
明確な答えが出ないこともあるかもしれません。
疑問に思ったことはみんなでやってみましょう。
やってみないとわからないことは、失敗にはなりません。
たくさん試して経験を重ねていくお手伝いをさせていただきます。

実際に授業を受けましたが、とても楽しい授業でした!
今回の授業では、歌にも生活の歌(手洗いなどの習慣づけ)、言葉を増やす歌(普段使わない言葉遣いを歌って覚える)など、手遊び歌と言っても種類や意味があることを教えていただきました。
これからの子ども・福祉コースも、ますます楽しみです☆