福岡県小倉キャンパスキャンパスブログ

☆アヒルとカエルとお化けのセッション☆
☆アヒルとカエルとお化けのセッション☆

☆異種格闘技(コスプレ)戦!?☆
☆異種格闘技(コスプレ)戦!?☆

☆魔女っこ3人娘!☆
☆魔女っこ3人娘!☆

みなさん、こんにちは。
KTCでは、通信制のサポートキャンパスというメリットをいかし、留学する人も多いですが、小倉キャンパスの中でも外国文化を知ったり、異文化理解のためのイベントを行ったりすることで、視野を広げるお手伝いを行っています。
今日は、その一環で行なった、ハロウィンパーティの様子をお伝えしますね!

パーティの最初に、カナダ出身のPaul先生がハロウィンについて話してくれました。
お化けや魔女に仮装した子ども達が各家庭を回り、「Trick or Treat」と声をかけてお菓子をもらいます。
この場合「Trick」は何か一芸(?)を披露してくれ!という意味らしく、このかけ声をかけられた大人は、踊ったり手品を見せたりするそうです。
「Treat」は、お菓子をください!という意味なので、たいていの大人はお菓子をあげるとのこと。

つまり、踊ったりしてお化けたちを楽しませるか、お菓子をあげて喜ばせないと、お化けたちにイタズラされてしまう・・・というのがハロウィンなんですね?。ふむふむ。

さて、小倉キャンパスのお化けたちはどんな様子だったかというと、ギターの伴奏に合わせてみんなで合唱したり、たくさんのお菓子に囲まれて、仮装した自分たちの写真を撮り合ったり、イタズラすることもなく仲良く楽しんでいたようです。

普段なにげなく暮らしていると、海外を身近に感じる機会というのは実はあまりないのかも。
でも、よく見てみると外国という異文化は、日本の中に深く溶け込んでいます。
今の時期は、いろんなお店でハロウィンの飾りつけを見ることができるのもそのひとつですね。

まずは異文化に気づくこと、それが世界の広がりにつながる最初の一歩なのかも知れません。
これからもたくさん気づいてもらって、どんどん世界を広げていってほしいなと思います!!