福岡県小倉キャンパスキャンパスブログ

リフレーミング

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
最近の小倉キャンパスの個別相談会では「進路(高校)が決まらない中学生」「留年が決まりそうな高校生」の保護者の方からのご相談が増えています。思うようにいかない焦りや苛立ちを、言葉や態度で子どもにぶつけてしまうといった、ご相談が多いと感じます。
今回は、そんな保護者の方に見て欲しい内容です。
KTCでは、毎月のように全国の職員が集まる研修会があります。
先日の研修会では“リフレーミング”についての話がありましたので、少しだけ紹介します。
 
コップの水が半分くらい残っています。
「もう半分くらいの水しかない」「まだ半分くらいの水がある」
「もう」と「まだ」…捉え方、言い方ひとつで全く印象が変わりますよね。
リフレーミングとは、物事を異なる視点で見ることによって、与える印象・伝える意味を変えられる方法です。コミニュケーションを円滑にする魔法とも言われています。例えば…
 
〇飽きやすい→好奇心旺盛、素直、いろいろなことに興味をもつ
〇怒りっぽい→感受性豊か、情熱的、正義感が強い
○いいかげん→寛大、おおらか、こだわらない
○こだわりが強い→専門的、物事を大切にしている
○落ち込みやすい→真面目に考える、謙虚に受け止められる、深く物事を思う
○人の顔色を見る→気がつく、思いやりがある…などなど
 
いかがですか?
お子さんの見え方がグッと変わりますよね!!
親が子どもを認めることで、きっと子どもも心を開いてくれるはずです。
もし、他のリフレーミングが知りたい時は、お気軽にご連絡ください。
KTCは、子どもたちだけでなく、保護者の方の心のより所でもありたいと思っています。


KTC中央高等学院 小倉キャンパス
お問合せ:0120-75-1105
メール:kyushu-info@ktc-school.com
個別相談会 毎週月・水・土 開催中(要予約)