福岡県小倉キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?campus=4646

こんにちは。
小倉キャンパスで、英語のネイティブ講師による授業を行いました。
今回も担当はイギリス人のアンドリュー講師です。英語のネイティブ講師による授業の様子楽しい授業風景を度々当ブログでも紹介させていただいていますが、今日は、アンドリュー講師に、日本での生活についてや、生徒たちがどのように勉強すれば英語が上達するのかなどについて質問しましたので、以下に紹介します。

Q. 来日して3年経ちますが、日本に英語の講師として来日されたきっかけは何でしたか?
A. イギリスでは母国語の英語のほかにスペイン語・ドイツ語・カタルーニャ語(スペイン北東部の言語)を習得し、大学卒業後はそれを活かして翻訳業に就こうと思いましたが、これらの言語の翻訳者は多いので、日本語を勉強しようと思ったのが日本に興味を持ったきっかけでした。その後、スペインで英語教師の仕事をしたのですが、次第に日本で英語を指導したいと思う気持ちが強まって来日しました。

Q. 日本へ来る前の印象は? また、実際の来日後に受けた印象とのギャップはありましたか?
A. 特に大きなショックはありませんでしたが、来日前は日本人は大人しいという印象でした。しかし、子供たちはとても元気で印象が変わりました。でも、年齢が上がるにつれてシャイになっていくような気がします。

Q. 日本に来て一番驚いたことと、一番うれしかったことを教えてください。
A. イギリスに比べて日本の列車の時刻の正確さに一番驚きました。嬉しかったことは、生徒が授業で覚えた言葉を使って喜んでくれている姿を見ることです。生徒の喜びは自らの喜びでもあり、"もっと頑張るぞ!"という前向きな気持ちにさせてくれます。

Q. 生徒たちから英語の勉強の仕方が分からないという質問を受けます。どうしたらよいでしょうか?
A. まず、単語や文法をたくさん覚えてほしいと思います。知っている言葉が少ないと会話も難しいですよね。

Q. 最後に生徒たちへのメッセージをお願いします。
A. 英語の勉強で、わからないことがあれば何でもコーチや講師に質問してください。質問することを恥ずかしがったり遠慮したりする生徒もいますが、間違うことを怖がっては上達しません。間違ってもいいんです。失敗があなたの英語を上達させます。

アンドリュー講師の日本や生徒に対する愛情が強く感じられました。
みなさんも、一緒にKTCで楽しく学んでいきませんか。