福岡県九大学研都市キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=5151
3本の柱!
みなさんこんにちは。この2日間急激に寒くなりました。受験生のみなさんは、暖かい緑茶とみかんで風邪予防してください。
さて、今日はキャリアガイダンスとして専門学校『九州デザイナー学院』の近藤先生にお越しいただいて、デザインを学ぶことの楽しさや将来性のお話、またイラスト系の仕事に辿り着くには今何を身につけておくべきかを実践を交えてお話ししていただきました。
まずデザインの仕事、特にクリエイティブな仕事をしたいと思うなら納期を守る力を付けること、これが重要だというお話からスタートし、マンガ家やイラストレーターなどの仕事を目指すならポートフォリオを学生のうちに作っておくことの大切さを教えてもらいました。例えて言うならファミレスのテーブルに置いてあるメニューのようなもので、それをみたら何がお店の商品なのかすべてがわかるもの、このポートフォリオを見ていただけたら私の画力などがすべてわかりますよ、というものだそうです。就職活動からでは遅く履歴書よりも先に求められることが多いそうです。
そして今のうちに磨いておくことで一番必要なものが"センス"だそうです。しかし誤解のないように、もって生まれた才能のことを言っているわけではないのです。センスとは①興味を持つこと、②情報量、③好悪(ジャッジをする力)、これら3本柱を鍛えることでセンス力は磨かれるそうです。因みにこれらを伸ばすのに邪魔するものが情報の誤認で、知った気になってしまうことで努力をするのをあきらめてしまう人が多いようです。
そして2つ目は、デッサン力でした。実際生徒たちが今日実践しておりましたが、真っ直ぐ長く線を引くこと、細い線から太い線を描くこと、奇麗になぞっていくことなど、好きなキャラクターを描くことも楽しいですが、基礎デッサン力として線を引くことの難しさや大切さを実感できる体験でした。
 
参加した生徒は『線をまっすぐ描くのが難しかった』『今何をやっておけばいいのかわかってよかった』『高校生のうちから見てくれるというのでオープンキャンパスに参加してみたい』と感想を語ってくれました。今回興味を持った生徒も入学当初は自分の将来について全く考えられないと言っていた生徒でした。お伝えしたいのは、KTCおおぞら高等学院には、日頃から自分の将来のことについて相談できるコーチがいること、日頃からあなたの目標を応援してくれるコーチがいるということです。今回のようなキャリアデザインの授業は何回も行っていますし、これからも開催していきます。その道のプロに話を聞いて、日頃からその道に向かって努力をする環境や時間をつくって実践する。そういう高校生活を送れるのも通信制高校に通うメリットです。
あなたのセンスを磨くサポート、すなわちなりたい大人になるためのサポートを全力で進めていきます。KTCおおぞら高等学院からデザインやマンガの仕事をするために専門学校に進む、そういう道もしっかりと敷かれています。KTCおおぞら高等学院で、是非一緒にみらいのことを語っていきましょう! 見学もお待ちしております。

資料請求・学校見学・個別相談に関するお問い合わせは
KTCおおぞら高等学院 九大学研都市キャンパス
フリーコール:0120-75-1105
メール:kyushu-info@ktc-school.com
公式ツイッター始めました↓
https://twitter.com/ktcschool_kyu